清澤又四郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

清澤 又四郎(きよさわ またしろう、1903年1月20日 - 2001年7月4日)は、日本の眼科医日本医師会副会長、福岡県医師会会長。

経歴[編集]

福岡県立中学修猷館旧制佐賀高等学校を経て、1927年、九州帝国大学医学部を卒業する。

1962年4月、日本医師会の第39回定例代議員会において、日本医師会副会長に選任され、同会長であった武見太郎を補佐する[1]

他に、福岡県眼科医会会長、福岡県対がん協会会長[2]、日本眼科医会副会長、福岡市医師会会長、福岡県医師会会長などを歴任する。

1973年、勲三等瑞宝章を受章する。1983年、対がん協会賞を受賞する[3]

2001年7月4日死去、同年8月19日、日本医師会と福岡県医師会による合同葬が営まれた。

脚注[編集]

  1. ^ 日本医師会戦後50年のあゆみ (PDF)”. 日本医師会. pp. p80. 2011年3月21日閲覧。
  2. ^ 藤本伊三郎. “IACR第6回総会(1984年)の概要と反省-第32回総会に備えて (PDF)”. 地域がん登録全国協議会. pp. p8. 2011年3月21日閲覧。
  3. ^ 過去の受賞者(対がん協会賞・個人)リスト”. 日本対がん協会. 2011年3月21日閲覧。