清浄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

清浄(しょうじょう)は、10-21(10分の1)であることを示す漢字文化圏における単位である。「清」(せい)と「浄」(じょう)の2つに分ける場合もある。虚空の1/10、阿頼耶の10倍に当たる。現実には使われない。

朱世傑『算学啓蒙』、程大位『算法統宗』、『御製数理精蘊』などの載せる最小の数の単位である。

メートル法SI接頭辞ではゼプト (z) に相当するが、現在の中国では音訳して「仄()」と呼ぶ。

なお、清浄という言葉には、「清らか」「(仏語で)煩悩などがなく心清らかなこと」などの意味がある。

関連項目[編集]