清流亭 (小牧市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
建物入口
新木津用水と藤の花

清流亭(せいりゅうてい)は、愛知県小牧市にある料亭である。敷地のすぐ横を新木津用水が流れる。元々は江戸時代に、平手柳左ヱ門によって始められた休憩所で、外郎(ういろう)を売っていたと伝えられている。その後持ち主が変わり、明治時代頃までは舟着場としても利用されていた。敷地内にあるが有名で、愛知県の天然記念物に指定されている。

藤(フジ)[編集]

清流亭内の新木津用水と旧国道に面するに植えられている。「岩崎の清流亭の藤」などと呼ばれており、1961年には愛知県の天然記念物に指定されている。

3本の幹から藤棚が作られていて、その面積は259.71m2。毎年4月下旬から5月にかけて、を咲かせる。その際花房の長さは、最長で2m近くになるものもある。

この藤は元々、江戸時代に休憩所として清流亭を始めた平手柳左ヱ門が、岩崎山に住む兼松七左ヱ門からもらって育てたもの、と伝えられている。

歴史[編集]

  • 1961年3月30日 - 敷地内のが、県の天然記念物に指定される。

所在地[編集]

愛知県小牧市大字岩崎148番地

交通手段[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

関連