清水訓夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

清水 訓夫(しみず くにお、1947年 - )は、日本外交官。駐アルジェリア特命全権大使を経て、防衛大学校教授を務めた。

経歴[編集]

長野県上伊那郡辰野町生まれ。長野県諏訪清陵高等学校在学中AFSで1年間イリノイ州留学1971年一橋大学法学部卒業後、外務省に入省。1972年から1974年までフランスに留学。駐アルジェリア公使、アジア福祉教育財団難民事業部長などを経て、1998年ストラスブール総領事2001年ニカラグア大使、2003年国際労働財団常任理事、2005年から2009年まで在アルジェリア大使を務めた。2009年から2014年まで防衛大学校防衛学教育学群安全保障・危機管理教育センター教授[1][2]

同期[編集]

[編集]

  1. ^ [1]外務省
  2. ^ 「【お知らせ】第164回勉強会」 清陵勉強会

出典[編集]