清水聖士

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
清水 聖士
しみず きよし
生年月日 (1960-11-26) 1960年11月26日(61歳)
出生地 日本の旗 日本 広島県
出身校 早稲田大学法学部
ペンシルベニア大学大学院ウォートン・スクール
前職 伊藤忠商事従業員
国家公務員外務省
千葉県鎌ケ谷市長
所属政党無所属→)
日本維新の会

当選回数 5回
在任期間 2002年7月28日 - 2021年6月10日
テンプレートを表示

清水 聖士(しみず きよし、1960年昭和35年)11月26日 - )は、日本政治家外務官僚。元千葉県鎌ケ谷市(5期)。

概要[編集]

広島県出身。修道高等学校を経て[1]筑波大学第一学群人間学類に入学するも中退し、1984年早稲田大学法学部を卒業。伊藤忠商事に勤務した後、アメリカ合衆国ペンシルベニア大学大学院ウォートン・スクールにてMBAを取得。帰国後、外務省に勤務した[2]

2002年5月30日井上裕参議院議員の政策秘書らによる入札妨害事件にからみ、鎌ケ谷市長の皆川圭一郎収賄容疑で逮捕される(鎌ケ谷市汚職事件)。皆川の辞職に伴い7月28日に行われた市長選挙に、民主党・旧自由党社民党の推薦を受けて立候補。5人の候補者を斥け初当選を果たした。投票率は48.77%[3]

2018年、元市議の岩波初美を破り5期目の当選。投票率は33.42%[4]

2021年4月7日第49回衆議院議員総選挙日本維新の会公認で千葉13区より立候補することを表明[5]。6月10日、市議会に辞職届けを提出し同日付で辞職が許可された[6]

10月31日の総選挙では千葉13区において得票率19.1%の3位に終わった。さらに重複立候補していた比例南関東ブロックでも惜敗率が42.38%と全体の4位であり、維新が獲得した3議席に及ばず次点で落選した。

政策・人物[編集]

  • 中学生時代、頭髪自由化運動委員を務め、「男子生徒は髪型を丸刈りにしなければならない」とする校則を撤廃させた[2]
  • 2020年5月12日、新型コロナウイルス対策の財源に充てるため、自身と副市長、教育長の7月から12月までの月額給与を10%減額すると発表した[7]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代
皆川圭一郎
鎌ケ谷市旗 千葉県鎌ケ谷市長
2002年 - 2021年
次代
芝田裕美