清水準一 (看護学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
清水 準一
生誕 1973年[1]
居住 日本の旗 日本
研究分野 看護学
研究機関 東京医療保健大学
出身校 東京大学
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

清水 準一(しみず じゅんいち、1973年[1] - )は日本看護師保健師看護学研究者。東京医療保健大学千葉看護学部教授。

経歴[編集]

1992年桐蔭学園中学校・高等学校卒業、1996年東京大学医学部健康科学・看護学科卒業。以後、東京大学医学部附属病院での看護師勤務と同大大学院を経て、2004年東京都立保健科学大学講師に着任。2005年に首都大学東京准教授に就任[2]。2018年より東京医療保健大学千葉看護学部教授。専門・研究分野は在宅看護学及び健康と医療の社会学。[3]

著作[編集]

  • 清水準一「第4章A 在宅看護過程展開のポイント」『系統看護学講座 統合分野 在宅看護論』医学書院、2013年1月。ISBN 978-4-260-01586-8

所属団体[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 清水準一のWebsite”. 2014年11月8日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l 清水 準一”. J-GLOBAL. 科学技術振興機構. 2014年11月8日閲覧。
  3. ^ 教員紹介 清水 準一 首都大学東京”. 首都大学東京. 2014年11月8日閲覧。