清水洋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

清水 洋(しみず ひろし、1973年5月29日 - )は、日本の経営学者。専門はイノベーションPh.D(経済史)。早稲田大学商学学術院教授。

人物[編集]

イノベーションを企業の戦略や組織構造、産業組織などの観点から歴史的に分析している[1]

『ジェネラル・パーパス・テクノロジーのイノベーション:半導体レーザーの技術進化の日米比較』において第59回の日経・経済図書文化賞組織学会の第33回組織学会高宮賞を受賞[2]

2021年7月、イノベーション研究で最も権威ある賞の一つである国際シュンペーター学会英語版のシュンペーター賞(Schumpeter Prize)を受賞した[3]。日本人として青木昌彦以来2人目の受賞となった[4]

略歴[編集]

受賞歴[編集]

  • 第59回日経・経済図書文化賞(2016年)
  • 第33回組織学会高宮賞(2017年)
  • シュンペーター賞(Schumpeter Prize)(2021年)

著作[編集]

  • 『オープン・イノベーションのマネジメント:高い経営成果を生む仕組みづくり』(米倉誠一郎と共編著), 有斐閣、2015年
  • 『ジェネラル・パーパス・テクノロジーのイノベーション:半導体レーザーの技術進化の日米比較』、有斐閣、2016年
  • General Purpose Technology, Spin-Out, and Innovation: Technological Development of Laser Diodes in the United States and Japan, Springer, 2019.
  • 『野生化するイノベーション―日本経済「失われた20年」を超える―』、新潮選書、2019年

脚注[編集]

外部リンク[編集]