清水治美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
清水 治美
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 埼玉県川越市[1]
生年月日 (1961-09-25) 1961年9月25日(56歳)[1]
身長
体重
179 cm
79 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手[1]
プロ入り 1983年[1] ドラフト6位[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

清水 治美(しみず はるよし、1961年9月25日 - )は、埼玉県川越市出身の元プロ野球選手投手[1][2]

来歴・人物[編集]

埼玉県立川越商業高等学校では、2番手投手だったが、社会人野球日本通運に入団後、落差のあるカーブシンカーを武器に、頭角を現した[1]

1983年のドラフト会議で、中日ドラゴンズから6位指名を受けた[1]。しかし、諸事情により入団は1年遅れ、1985年からのプレーとなった[1]。入団時の契約は、契約金3500万円、推定年俸400万円だった[1]

当時の中日には、都裕次郎以外、先発ローテーションとして計算できる左投手がいなかったため、即戦力として期待されていたが[1]、同年は故障に悩まされ、一軍公式戦では1試合も登板できなかった[2]。翌1986年も、一軍登板はならず、限りで現役を引退した。

引退後の1987年以降[3]、中日の打撃投手を務めている。1988年の入団以降、2009年に現役を引退するまで、中日の主力打者として活躍し、「ミスタードラゴンズ」とうたわれた立浪和義は、入団時から左の打撃投手を務めていた清水と、1999年以降、右の打撃投手を務めた平沼定晴を、それぞれ最も信頼する打撃投手として挙げた[4]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]

  • 一軍公式戦出場なし

背番号[編集]

  • 16 (1985年 - 1986年)
  • 86 (1987年 - 1989年)
  • 95 (1990年 - 1991年)
  • 115 (1996年 - )

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m 『'85プロ野球 12球団全選手百科名鑑』9、日本スポーツ出版社1985年3月31日、28頁。
  2. ^ a b 『'86プロ野球 12球団全選手百科名鑑』10、日本スポーツ出版社、1986年3月31日、73頁。
  3. ^ 『'87プロ野球 12球団全選手百科名鑑』11、日本スポーツ出版社、1987年3月31日、73頁。
  4. ^ 立浪和義 『負けん気』 文芸社2010年2月20日、150-154頁。ISBN 987-4286088532。

関連項目[編集]