清水晶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
清水 晶
しみず あきら
誕生 1916年
日本の旗 日本 東京府東京市(現在の東京都
死没 1997年
職業 映画評論家編集者
国籍 日本の旗 日本
活動期間 1938年 - 1997年
ジャンル 映画
代表作 編集映画評論
著書 『映画作品辞典』『東和の半世紀』
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

清水 晶(しみず あきら、1916年 - 1997年[1])は、日本の映画評論家編集者である。『映画評論』編集長、フィルム・ライブラリー協議会(のちの川喜多記念映画財団)事務局長、川喜多記念映画財団常務理事、慶應義塾大学講師等を歴任した[2]

人物・来歴[編集]

1916年(大正5年)、東京府東京市(現在の東京都)に生まれる[2]

東京帝国大学(現在の東京大学)文学部美学科に入学、在学中の1938年(昭和13年)、映画評論を開始する[2]。1941年(昭和16年)、同学を卒業、日本映画雑誌協会に勤務する[2]。1942年(昭和17年)、中国の上海に渡り、中華電影公司に入社する[2]。1943年(昭和18年)、帰国し、『映画評論』誌の編集長に就任する[2]。1944年(昭和19年)、松竹大船撮影所に入社、企画部に勤務する[2]

第二次世界大戦後の1946年(昭和21年)、モーション・ピクチュア・ライブラリーの編集長となり、アメリカ映画を中心に、英和対訳シナリオを編集する[2]。1949年(昭和24年)、再度、『映画評論』誌の編集長に就任する[2]

1951年(昭和26年)、東和映画(現在の東宝東和)に入社する[2]。同社で、宣伝課長、製作部長を歴任する[2]。1960年(昭和35年)、同社を退社し、フィルム・ライブラリー協議会(のちの川喜多記念映画財団)の事務局長に就任する[2]。その傍ら、1971年(昭和46年)から慶應義塾大学で講師として映画史の教鞭をとる[2]

東宝東和の社史編纂に携わり、『東和の半世紀』を1978年(昭和53年)に同社から上梓した[2][3]

1982年(昭和57年)、フィルム・ライブラリー協議会が川喜多記念映画財団を改称、財団法人に改組し、常任理事に就任、事務局長を兼務する[2]。同年、慶應義塾大学講師を退任した[2]

1997年(平成9年)、死去した[1]。満80-81歳没(享年82)。

フィルモグラフィ[編集]

ビブリオグラフィ[編集]

国立国会図書館蔵書[4]

鉄道関連の著作[編集]

  • 『たのしい時刻表』、読売新書、1972年7月15日
  • 『新・たのしい時刻表』、読売新書、1973年
  • 『時刻表に強くなる』、読売新書、1975年7月15日
  • 『新・時刻表に強くなる』、読売新書、1976年12月

[編集]

  1. ^ a b 銀幕の顔国立国会図書館、2010年2月22日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 『銀幕の顔』、p.230(奥付)。
  3. ^ a b 東和の半世紀、国立国会図書館、2010年2月22日閲覧。
  4. ^ OPAC NDL 検索結果、国立国会図書館、2010年2月22日閲覧。
  5. ^ 映画が王様の国、国立国会図書館、2010年2月22日閲覧。

外部リンク[編集]