清水廣一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

清水 廣一郎(しみず こういちろう、1935年4月2日[1]- 1988年4月29日)は、日本の歴史学者、イタリア史研究者。専攻はイタリア中世社会経済史。元一橋大学経済学部教授。サントリー学芸賞受賞。

来歴[編集]

東京生まれ。東京外国語大学外国語学部イタリア語科卒業、一橋大学大学院社会学研究科博士課程修了。増田四郎門下。東京教育大学文学部講師、同助教授、広島大学総合科学部助教授、同教授、東京都立大学人文学部教授。1982年『中世イタリア商人の世界』でサントリー学芸賞受賞。その後一橋大学経済学部教授。在職中に死去。

『中世イタリア商人の世界』では、ジョヴァンニ・ヴィッラーニの生涯とその著書『新年代記』(en:Nuova Cronica)を通し、イタリア商人たちの世界を論じた。

著書[編集]

  • 『イタリア中世都市国家研究』岩波書店、1975
  • 『中世イタリア商人の世界 ルネサンス前夜の年代記』平凡社、1982 平凡社ライブラリー、1993
  • 『中世イタリアの都市と商人』洋泉社、1989
  • 『イタリア中世の都市社会』岩波書店、1990
共編

翻訳[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』1987年