清水宗知

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
 
清水宗知
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 不詳
死没 天正10年6月4日[1]1582年6月23日
改名 清水宗知→清水月清入道
別名 通称:六郎兵衛
官位 左近将監[1]備後守[1]
主君 清水宗則宗治
氏族 田使姓備中清水氏
父母 父:清水宗則[1]
兄弟 宗知宗治[1]難波宗忠[1]
行宗

清水 宗知(しみず むねとも)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。備中国国人清水宗則の子[1]。弟に清水宗治[1]難波宗忠[1]。子に清水行宗通称は六郎兵衛[1]。入道後の「月清[1]という名で知られている。

生涯[編集]

備中国国人であった清水宗則の長男として生まれる[1]。庶子であったのか、清水氏家督は弟の宗治が継いでいる。別の文献では武者修行のため諸国を遍歴し家督を継がなかったとする[1]。しかし宗知もその勇猛さでは弟に負けておらず、永禄11年(1568年)の立花鑑載の反乱でも、鑑載の支援の将として九州に渡り、大友氏と戦っている。

天正10年(1582年)の備中高松城の戦いでは弟の宗治と共に備中高松城に入り防備を固めたが、羽柴秀吉によって水攻めを受ける。最終的には兵士の助命を条件として開城。6月4日に弟の宗治や難波宗忠小早川氏からの援将・末近信賀と共に切腹した[1]

嫡男の行宗が後を継いだ。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n 田村哲夫編修 1980, p. 138.

参考文献[編集]