清水国明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
清水國明から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
しみず くにあき
清水 国明
本名 清水 國明
生年月日 (1950-10-15) 1950年10月15日(70歳)
出生地 日本の旗 日本
福井県大野郡和泉村(現・大野市
国籍 日本の旗 日本
血液型 A型
活動期間 1973年 -
活動内容 タレント/冒険家
配偶者 あり
事務所 株式会社 kuniaki.plus
主な作品
噂の!東京マガジン
湯のまち放浪記
ものまね王座決定戦
テンプレートを表示

清水 国明(しみず くにあき、1950年10月15日 - )は、日本タレント。本名は清水 國明(読み同じ)。

アウトドア愛好者として有名で、国際A級ロードレースライダーでもある。

所属事務所はあのねのね事務所→清水国明事務所(アワーライフ)→kuniaki.plus

芸名は、現在デビュー時と同じ清水国明。一時期本名の清水國明に変えていた。

2012年から2017年まで、山梨学院大学現代ビジネス学科の客員教授に就任していた。

ブックオフコーポレーション代表取締役社長橋本真由美は実姉。タレントの清水明実は長女。

経歴・人物[編集]

福井県大野郡和泉村(現・大野市)出身。福井県立大野高等学校京都産業大学法学部卒。

1973年、大学の後輩である原田伸郎とのコンビで「あのねのね」として、「赤とんぼの唄」でデビューし大ヒットを記録した。「あのねのね」結成当初は同じ京都産業大学の学生複数人での編成で、笑福亭鶴瓶とその妻もメンバーだった。

「あのねのね」時代は台本を書き、芸でも原田をリードする立場だった。当時はラジオで下ネタを連発したり放送コードを超えた卑猥な歌を歌っていたが、後述のように1990年代にアウトドアの旗手としてファミリー層から持ち上げられるようになってからは、ものまね王座決定戦清水アキラが下ネタを連発した際にとがめる場面を見せるなど芸風が様変わりした。ただし、アキラを弟子としてあのねのね事務所に所属させ、3度目の結婚の際にはアキラが披露宴の司会をするなど、両者の親交は深い。

1982年に担当していたラジオ番組「真夜中ギンギラ大放送」でリスナーからのハガキを発端に話が膨らみ、鈴鹿8時間耐久ロードレース(鈴鹿8耐)への出場を宣言した。当時、レースはおろかバイクの免許さえ持っていなかったが、一念発起して二輪免許を取得し、自身のサポートクラブ的団体である國武舞レーシングチームを主宰。バイク業界で精力的に活動を始めた。1983年には8耐の登竜門的レースである鈴鹿4時間耐久レースに出場し、決勝20位で完走し、1985年まで4耐に出場した。その後、8耐出場に必要な国際A級ライセンスを取得し、1990年に元世界GPライダー福田照男とのペアで8耐に初参戦し、予選で鎖骨を骨折するトラブルに見舞われながらも見事完走を果たした。8耐出場をもってレース界からの引退を宣言した。

私生活では、タレントの清水クーコと1976年に結婚し、カカア天下のおしどり夫婦として知られたが1982年に離婚(子なし)。国明・クーコとも離婚の理由を一切沈黙したが、当時の芸能人は離婚を公表する際、虚実はともあれ離婚の理由・経緯を一通りマスコミに説明するのが普通であり、またディスコで「離婚パーティ」を開くなど、元夫婦の行動は当時としては異例だった。クーコはしばらくあのねのね事務所に所属したまま芸能活動を続け、そして国明とはよき友人関係を続けたが、クーコのイギリスへの海外留学や、国明の再婚(1984年に再婚したが離婚)が決まったことなどを機に事実上引退。クーコは1991年3月に子宮頸癌により他界したが、葬儀の喪主は元夫の国明が務め、最後まで「良きパートナー」を貫いた。

2007年1月、清水が主宰していた「と劇団」の座員だった永田ケイ(清水敬子)と3度目の結婚(23歳差)。同年11月4日には初めての男子が誕生したが、2015年に離婚した。

2008年末、都内の病院の人間ドックで十二指腸に約2センチの腫瘍(ポリープ)を発見。良性との判断で翌2009年2月に内視鏡で摘出したが、念のため摘出部の細胞を調べたところ、十二指腸乳頭部に腫瘍が見つかったため、十二指腸の全摘出となった。4月に都内慈恵医大病院に入院し手術したが、早期発見の為約3週間の入院で済み、5月に芸能活動に復帰した。

2013年6月4日、あのねのね結成40周年記念コンサートを東京・渋谷のマウントレーニアホールで行った。

2018年3月3日、25歳年下の一般女性と4度目の結婚をし、同年11月に男児が誕生した。

趣味・志向[編集]

清水は小学校時代から大学2年生まで剣道をやっており、剣道二段の腕前である。2011年3月東北地方太平洋沖地震の際には、被災者救援活動を自らが主宰するNPO法人「河口湖自然楽校」で行うにあたって剣道経験者としてその活動を紹介した『剣道日本』6月号(スキージャーナル社)のインタビューに登場した[1]。被災した子どもやその家族を受け入れた際は、バスで被災地と河口湖を送迎した。

2012年5月にはハワイ・ホノルルトライアスロンに挑戦し、完走している。

アウトドア関連[編集]

90年代からはアウトドア志向の活動を多く行うようになった。自らチェンソーを握り、木を伐採し、ログハウスを建築する様子がテレビなどを通じて流され、以降、アウトドア派、DIY派のイメージが定着した。

2002年、滋賀県が「滋賀県琵琶湖のレジャー利用の適正化に関する条例」を施行したのを受け、「オオクチバス再放流禁止義務不存在確認等請求事件」の原告となる。リリース擁護派として「リリ禁ネット」を立ち上げるが、第一審結審(棄却)後、この問題からは手を引いた。

2005年、ライフワークとしての「森と湖の楽園」をオープンさせた。NPO活動として子どもキャンプなどを開催する傍ら、河口湖を拠点として、ツリーハウス作りや農業体験など、団塊世代を主にターゲットとした自然のチカラを人の暮らしに生かすビジネスを創出している。

2011年財団法人日本レクリエーション協会主催で審査された「もっともレクリエーショナルなイメージを持つ著名人」一般審査部門にて1位に選出される。

2013年に瀬戸内海にある無人島を入手、「ありが島」と名付けてキャンプ場をプロデュースしている。

弟子[編集]

主な出演[編集]

テレビ番組[編集]

現在
過去

フィッシングバトル九州[2]

ラジオ番組[編集]

CM[編集]

主な著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ [1] Kenbudo.Biz参照
  2. ^ フィッシングバトル九州」『Wikipedia』2019年4月11日。

外部リンク[編集]