清水サバ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

清水サバ(しみずさば)は、高知県土佐清水市で水揚げされるゴマサバのこと。

足摺岬周辺の水深200メートルまでの大陸棚域に生息するゴマサバを、立縄漁という独特の漁法で一匹ずつ釣り上げ、生け簀に入れて港まで持ち帰る。

新鮮さがウリであり、刺身タタキとして食べられる。旬は秋から冬にかけてであるが、年間を通して食べられる。

鮮魚と1 - 3日ほど陸上水槽で蓄養した活け〆魚とが流通している。