清原長谷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

清原 長谷(きよはら の はせ、宝亀5年(774年) - 承和元年11月26日834年12月29日))は、平安時代初期の皇族公卿は真人。中務卿三原王の孫で、越中守石浦王の次男。官位従四位上参議勲等は勲七等。

経歴[編集]

延暦10年(791年清原真人姓を与えられ臣籍降下するが、これは初めての清原真人姓の賜与であった[1]。延暦22年(803年陸奥大掾に任ぜられる。同年には造志波城使・坂上田村麻呂によって志波城の築城が行われており、長谷もこれに従事したか。

嵯峨朝に入ると、蔵人春宮少/大進を経て、弘仁7年(816年従五位下叙爵し、宮内少輔に任ぜられる。弘仁8年(817年山城介に転じると、弘仁10年(819年遠江守と嵯峨朝後半は地方官を務めた。

弘仁14年(823年)かつて春宮進として仕えた大伴親王が即位淳和天皇)すると、右衛門権佐に任ぜられて京官に復す。同年従五位上、天長2年(825年正五位下次いで従四位下に昇叙されて近衛中将に任官するなど、淳和朝では武官を務めながら急速に昇進する。その後、左衛門督・按察使を歴任し、天長8年(831年)には参議に任ぜられて公卿に列した。天長9年(832年)従四位上。

仁明朝初頭の承和元年(834年)11月26日卒去享年61。最終官位は参議従四位上行左衛門督兼信濃守

官歴[編集]

注記のないものは『六国史』による。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u 『公卿補任』

参考文献[編集]