清原道雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

清原 道雄(きよはら の みちお、生没年不詳)は、平安時代初期から前期にかけての貴族。名は通雄とも記される[1]肥後守清原有雄の子。子に海雄がいる[2]官位従五位下駿河守

経歴[編集]

斉衡4年(857年従五位下大学頭に叙任される。天安2年(858年)11月に清和天皇即位に伴って宮内少輔に任ぜられるが、翌天安3年(859年)正月には早くも上野介として地方官に転じる。

その後、貞観9年(867年駿河守と、引き続き地方官を務めた。

官歴[編集]

六国史』による。

脚注[編集]

  1. ^ 尊卑分脈』など
  2. ^ 有雄・海雄との親子関係の諸説については、清原有雄の項参照。

参考文献[編集]