淺間一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
淺間 一あさま はじめ
人物情報
生誕 (1959-01-18) 1959年1月18日(62歳)[1]
北海道室蘭市[2]
居住 日本の旗 日本
出身校 東京大学
学問
研究分野 ロボット工学
研究機関 理化学研究所
東京大学
博士課程
指導教員
吉川弘之[3]
博士課程
指導学生
琴坂信哉[4] 新井義和[5] 安琪[6] 増山岳人[7] 李光輝[8] 池勇勳[9] 川妻伸二[10]
学位 工学博士(東京大学)[3]
主な業績 3自由度独立駆動全方向移動ロボット、なめらかオムニホイール
影響を
与えた人物
倉林大輔、大武美保子
学会 IEEE日本機械学会、日本ロボット学会、精密工学会、ほか
主な受賞歴 グッドデザイン賞[11]、ファナックFAロボット財団論文賞[12]日本機械学会賞(技術功績)[13]
公式サイト
東京大学精密工学専攻淺間研究室
テンプレートを表示

淺間 一(あさま はじめ、1959年(昭和34年) 1月18日[1] - )は日本ロボット研究者工学博士東京大学、1989年)[3]理化学研究所研究員、東京大学人工物研究センター教授同大学院工学系研究科教授[14]、IAS-Society会長[14]国際自動制御連盟英語版(IFAC)会長を歴任。保全マニピュレータや自律分散ロボット、全方向移動ロボット、サービス工学、災害・事故ロボット技術の研究開発に従事[3][15][16][17][18][19]

理化学研究所では3自由度独立駆動全方向移動機構を開発し[20][21][22]ロボカップ初期にチーム「UTTORI United[注釈 1]」で活躍[20][23][21]。独自の全方向移動車輪は淺間の関与する理研ベンチャー「ライテックス」などから商品化されている[24][25][26]2005年から2009年科研費特定領域「移動知」では領域代表を[27]2011年東日本大震災にあたって国内外のロボット研究者が立ち上げた「対災害ロボティクス・タスクフォース」ではチェアマンを務めた[28]

履歴[編集]

略歴[編集]

主な受賞歴[編集]

社会的活動[編集]

著書[編集]

  • Hajime Asama , Toshio Fukuda, Tamio Arai, Isao Endo, ed (October 2013). Distributed Autonomous Robotic Systems. ISBN 978-4431682776. - 1994年初版の再版。
  • Hajime Asama , Toshio Fukuda, Tamio Arai, Isao Endo, ed (October 2013). Distributed Autonomous Robotic Systems 2. ISBN 978-4431669449. - 1996年初版の再版。
  • H. Asama, H. Inoue, ed (2002). Intelligent autonomous vehicles 2001 (IAV 2001) : a proceedings volume from the 4th IFAC Symposium, Sapporo, Japan, 5-7 September 2001. the International Federation of Automatic Control.
  • Hajime Asama, T. Arai, T. Fukuda, T. Hasegawa, ed (July 2002). Distributed Autonomous Robotic Systems 5. Splinger. ISBN 978-4431703396.
  • S. Yuta, H. Asama, S. Thrun, E. Prassler, T. Tsubouchi, ed (2006). Field and service robotics : recent advances in research and applications. Springer tracts in advanced robotics 24. Springer. ISBN 978-3540328018.
  • Hajime Asama, Haruhisa Kurokawa, Jun Ota, Kosuke Sekiyama, ed (2009). Distributed Autonomous Robotic Systems 8. Springer. ISBN 978-3642006432.
  • 淺間一、伊藤宏司 統括編集『シリーズ移動知(第1巻-第4巻)』、オーム社、2010年[注釈 4]

著作[編集]

学位論文[編集]

解説・総説[編集]

学会誌記事[編集]

(自律ロボット、システム、知能)

(ロボット工学、ロボット技術)

(サービス工学)

(災害・事故対応)

(その他)

技術[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 宇都宮大学東洋大学理化学研究所の連合チームでUTsunomiya、TOyo、RIkenが語源[23][21]
  2. ^ a b 受賞講演 - 佐藤雅俊、嘉悦早人、尾崎功一、浅間一、松元明弘、遠藤勲「3自由度独立行動型全方向移動ロボットの設計開発」、『日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門講演会』1994年。[22]
  3. ^ 受賞論文 - 平田泰久、小菅一弘、淺間一、嘉悦早人、川端邦明「キャスタ特性を有した複数の人間協調型異動ロボット(DR Helper)と人間との協調による単一物体の搬送」、『日本ロボット学会誌』第21巻第7号、2003年、 776-784頁。[12]
  4. ^ 第1巻のISBNは9784274502767、第2巻は9784274502774、第3巻は9784274502781、第4巻は9784274502798
  5. ^ 日本機械学会の部門講演会における発表で賞を受賞している[22][42][注釈 2]
  6. ^ 本発明は理研ベンチャーのライテックス[25]や、ヴイストン[26]から商品化されている。ヴイストンの賞品名は「なめらかオムニホイール」[26]

出典[編集]

  1. ^ a b c d 淺間 1992, p. 482.
  2. ^ General Information”. Hajime Asama. 東京大学大学院工学系研究科精密工学専攻淺間研究室. 2016年5月3日閲覧。
  3. ^ a b c d e 浅間 1989.
  4. ^ 琴坂信哉『マニピュレータにおける機能適応性の研究』埼玉大学博士学位論文、乙第34号、1996年3月25日、NAID 500000133931
  5. ^ 新井義和『群ロボット環境における自律的ナビゲーションに関する研究』埼玉大学博士学位論文、甲第210号、1998年3月25日、NAID 500000159818
  6. ^ 安琪『Modeling and constructive understanding of human standing-up motion using muscle synergy』東京大学博士学位論文、甲第31011号、2014年9月26日、NAID 500000957544
  7. ^ 増山岳人『行動経験の変換不変性に基づく移動ロボットの行動学習』東京大学博士学位論文、甲第29056号、2013年3月25日、NAID 500000582592
  8. ^ 李光輝『Distributed task allocation and path planning in dynamic environment for multi-robot guidance system』東京大学博士学位論文(甲第30924号)、2014年9月1日、NAID 500000957658
  9. ^ 池勇勳『RGB-D SLAM and automatic calibration of camera sensor network for mobile robotic applications in indoor environments』東京大学〈博士学位論文(甲第32503号)〉、2016年3月24日、NAID 500001053963
  10. ^ 川妻伸二『原子力緊急時ロボットの運用方策構築に関する研究』東京大学博士学位論文、乙第18324号、2017年9月7日、NAID 500001361226
  11. ^ a b 被災者探索レスキュー用データキャリア(Rescue IDC) 先端的、革新的技術とデザインの調和による人工物の開発”. Good Design Award. 日本デザイン振興会. 2020年9月25日閲覧。
  12. ^ a b c 過去の「論文賞(含む特別賞)」一覧(平成14年から平成26年)”. 一般財団法人FA財団. 2016年5月2日閲覧。
  13. ^ a b 2017年度(平成29年度)日本機械学会賞受賞者”. 日本機械学会. 2018年6月30日閲覧。
  14. ^ a b c d 淺間 2016, p. 376.
  15. ^ 多田隈建二郎全方向移動・駆動機構」、『日本ロボット学会誌』第29巻第6号、2011年7月、 516-519頁。
  16. ^ a b 大武美保子、本間敬子、横井浩史、淺間一、新井民夫「Women in Robotics towards Human Science, Technology and Society at IAS-9」、『日本ロボット学会誌』第24巻第5号、2006年、 564-569頁。
  17. ^ a b c ロボメカ部門推薦 フェロー受賞者紹介”. 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門 (2004年5月13日). 2016年5月2日閲覧。
  18. ^ 淺間 2012.
  19. ^ 淺間 2014.
  20. ^ a b Manuela Veloso, Enrico Pagello and Hiroaki Kitano ed. (2003). RoboCup-99: Robot Soccer World Cup III. Springer. p.16. ISBN 354045327X.
  21. ^ a b c The Orient 2004”(PDF). 東洋大学松元研究室. 2018年6月13日閲覧。
  22. ^ a b c d 過去の受賞一覧(年度別) 1995年度”. 部門賞. 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門. 2016年5月3日閲覧。
  23. ^ a b 浅野純也 (2000年6月29日). “【RoboCupジャパンオープン2000 Vol.4】全方位カメラでロボットの“目”を強化――中型機リーグ編”. 2018年6月13日閲覧。
  24. ^ 開発体制”. Robot Technology RITECS. 2018年6月12日閲覧。
  25. ^ a b 会社概要Robot Technology RITECS. 2018年6月12日閲覧。
  26. ^ a b c 「なめらかオムニホイール」発売” (プレスリリース), 株式会社ヴイストン, (2014年6月6日) 2018年6月12日閲覧。
  27. ^ 身体・脳・環境の相互作用による適応的運動機能の発現に関する総括研究”. 科学研究費助成事業データベース. 2016年5月2日閲覧。
  28. ^ a b 中村仁彦随想 東日本大震災と対災害ロボティクス・タスクフォース」、『日本ロボット学会誌』第30巻第10号、2012年、 1010-1012頁。
  29. ^ a b c d e f 淺間 2014, p. 124.
  30. ^ 日本機械学会船井賞・船井特別賞受賞者一覧(2003年度~2009年度)”. 日本機械学会. 2018年6月30日閲覧。
  31. ^ 過去の受賞一覧(年度別) 2001年度”. 部門賞. 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門. 2018年6月30日閲覧。
  32. ^ 過去の受賞一覧(年度別) 2009年度”. 部門賞. 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門. 2016年6月30日閲覧。
  33. ^ 過去の受賞一覧(年度別) 2016年度”. 部門賞. 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門. 2018年6月30日閲覧。
  34. ^ President”. IFAC英語版. 2020年9月25日閲覧。
  35. ^ Foundation of the IAS Society”. IAS-Society. 2020年9月25日閲覧。
  36. ^ 【受賞・表彰】精密工学専攻 淺間一 教授が、IEEEのFellowに認定されました。”. 東京大学大学院工学系研究科 (2018年1月18日) 2018年6月14日閲覧。
  37. ^ ロボティクス・メカトロニクス部門ニュースレターNo.41』 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門、2008年10月。2016年5月1日閲覧。
  38. ^ 歴代理事一覧”. 日本ロボット学会. 2016年5月2日閲覧。
  39. ^ 藤井・淺間 1996, p. 549.
  40. ^ まてりあ 2012, p. 142.
  41. ^ 淺間 2020, p. 29.
  42. ^ 淺間一 (1999年10月29日). “3自由度独立駆動型全方向移動ロボットの開発”. 原子力基盤技術データベース データ番号:120011. 2016年5月3日閲覧。

外部リンク[編集]

(講演・インタビュー)