淺川継太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
淺川継太
ペンネーム 淺川 継太
(あさかわ けいた)
誕生 (1979-10-20) 1979年10月20日(39歳)
日本の旗 日本山梨県山梨市
職業 小説家
最終学歴 慶應義塾大学法学部法律学科
主な受賞歴 群像新人文学賞(2010年)
デビュー作 『朝が止まる』
テンプレートを表示

淺川継太(あさかわ けいた、1979年10月20日 - )は、日本の小説家である。山梨県山梨市出身。東京都在住。

来歴[編集]

山梨学院大学付属高等学校慶應義塾大学法学部法律学科卒業[1]。2010年に『朝が止まる』で第53回群像新人文学賞を受賞しデビュー。2014年に『ある日の結婚』で第36回野間文芸新人賞候補。

直木賞作家の辻村深月は高校の同級生、政治家宮川典子は高校・大学の同級生である。

作品[編集]

単行本[編集]

  • ある日の結婚(2013年4月、講談社
    • ある日の結婚(『群像』2013年7月号)
    • 朝が止まる(『群像』2010年6月号)
    • 水を預かる(『群像』2011年4月号)

アンソロジー収録[編集]

  • 通り抜ける ( NHKラジオ英語で読む村上春樹」2013年4月号)(単行本(アンソロジー)「村上春樹への12のオマージュ いまのあなたへ」)
  • おかいこさんのエレベーター (文庫本(アンソロジー)「きっと、夢にみる <競作集 怪談実話系>」角川文庫 2015年4月)

エッセイ[編集]

  • 滑り台の謎 (「群像」2010年8月号)
  • ある日の帰郷 (「文學界」2010年10月号)
  • ある貴婦人の思い出 (「ベスト・エッセイ2014」日本文藝家協会編 )(「すばる」2013年10月号)
  • 金魚三景 (「群像」2015年5月号)
  • なにもない場所へ (「文學界」2015年5月号)

その他[編集]

  • 水の余裕(松波太郎『月刊「小説」』作中作[2]、2016年)

映像化[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 公募ガイド』2010年7月号
  2. ^ 松波太郎による、「小説」という名前の文芸誌、という体裁の小説に寄稿している。他には松波太郎と淺川継太の顔写真なども掲載されている。

外部リンク[編集]