淵鑑類函

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

淵鑑類函(えんかんるいかん)は中国、清の聖祖(康熙帝)の勅撰により編纂された類書(一種の百科事典)である。1710年に成立した。書名は古今類書の淵海というべきものであることによる。

概要[編集]

明の兪安期による『唐類函』は『北堂書鈔』『芸文類聚』『初学記』『白氏六帖』(唐の四大類書)などを天部以下43部門、200巻にまとめたものであった。

『淵鑑類函』は『唐類函』を底本として、宋、元、明時代の詩文、事績などを増補したもので、天部、歳時部、地部、帝王部、后妃部、設官部など45部門、全450巻から成る(底本部分には「原」、増補部分には「増」と表記している)。

『淵鑑類函』は詩文を作る際の用例集、また故事を調べるのに便利な書として用いられた。江戸時代の日本にも伝えられた。

参考文献[編集]

  • 『中国文化史大事典』(大修館書店)
  • 『中国学芸大事典』(大修館書店)

外部リンク[編集]

  • 国立国会図書館デジタルコレクション 唐類函 200巻[1]
  • 国立国会図書館デジタルコレクション 淵鑑類函 450巻[2]

関連項目[編集]