深谷松男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

深谷松男(ふかや まつお、1933年5月19日- )は、日本法学者民法学者金沢大学名誉教授。専門は家族法福島県出身

1952年、福島県立保原高等学校卒業。1956年、東北大学法学部卒業。東北大学法学部助手(指導教授:中川善之助)。1959年、金沢大学法文学部専任講師(民法担当)。1967年、金沢大学法文学部助教授。1971年、金沢大学大学院法学研究科助教授(民法担当)。1975年、金沢大学法文学部教授・同大学院法学研究科教授。1980年、金沢大学法学部教授・同大学院法学研究科教授。1986年、金沢大学評議員(1999年まで)。1993年、金沢大学大学院社会環境科学研究科教授(家族法・人格権法担当)。1994年、金沢大学法学部長(1996年まで)。1997年、金沢大学大学院社会環境科学研究科長(1999年まで)。1999年、金沢大学定年退官。同名誉教授。学校法人宮城学院第7代学院長に就任。2003年、仙台法経専門学校校長。2009年学校法人宮城学院学院長退任[1]。2013年、仙台法経専門学校退職。

主要著書[編集]

  • 『親族法(法律学ハンドブック)』(共著、青林書院、1957年)
  • 『判例による民法入門(家族法)』(共著、青林書院新社、1972年)
  • 『口語戸籍法』(共著、自由国民社、1973年)
  • 『現代家族法大系(全5巻)』(共編、有斐閣、1979年)
  • 『民法入門』(共著、青林書院新社、1981年初版・1998年第3版)
  • 『現代家族法』(青林書院新社、1983年初版・2001年第4版)
  • 『脳の死人の死』(共著、日常出版、1991年)
  • 『信託された教育 : キリスト教学校の現場で考える』(キリスト新聞社出版事業部、2003年)
  • 『新・教育基本法を考える』(日本キリスト教団出版局、2007年)
  • 『キリスト教学校と建学の精神』(日本キリスト教団出版局、2009年)

脚注[編集]

  1. ^ 以上につき、『金沢法学 第41巻第2号』(金​沢​大​学​法​政​学​会、1999年3月)3~4頁を参照。