深石宗太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
深石宗太郎
生誕 (1963-12-03) 1963年12月3日(57歳)
出身地 日本の旗 日本
ジャンル クラシック
職業 演奏家
担当楽器 ユーフォニアム
公式サイト ユーフォニアム奏者 深石宗太郎

深石宗太郎(ふかいし そうたろう、1963年12月3日 - )は、日本ユーフォニアム奏者

経歴[編集]

神奈川県横浜市出身。鎌倉学園高等学校卒業。国立音楽大学首席卒業(ユーフォニアム専攻)。同大学矢田部賞を受賞し、読売新人演奏会、ヤマハ金管新人演奏会等に出演。1986年、米国テキサス大学にて開催された、国際テューバ・ユーフォニアム・カンファレンス(ITEC)のコンクール、ユーフォニアム部門第2位。日本人金管楽器奏者として国際コンクール初入賞を果たす。同年、第3回日本管打楽器コンクール同部門第3位。1987年、国際ファルコーニコンクールにおいて、第3位に入賞。現在、日本ユーフォニアム・テューバ協会理事、日本ブラスバンド指導者協会理事。海上保安庁音楽隊演奏技術講師。慶應義塾大学ウインドアンサンブルOB吹奏楽団指揮者。ユーフォニアムを三浦徹、ブライアン・ボーマンに師事。洗足学園指揮研究所において指揮法を秋山和慶河地良智増井信貴に師事。

国内外における数々のコンクールにおいても受賞歴多数。

現在、洗足学園音楽大学の准教授として、ユーフォニアム、金管バンドファンファーレオルケストアンサンブルなど後進の指導に当たっている。

ユーフォニアム奏者としての活動も非常に多く、著名なオーケストラ、吹奏楽団、金管バンド等で活躍。また、自身が主宰しているアンサンブル団体も多く、ユーフォニアムの普及に努めている。

外部リンク[編集]