深田甫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

深田 甫(ふかだ はじめ、1934年4月30日[1] -2020年3月26日[2])は、ドイツ文学者慶應義塾大学名誉教授。

人物[編集]

千葉県生まれ、満洲で育つ。慶應義塾大学医学部から経済学部に転じ、1958年卒業、60年同大学院ドイツ文学科修士課程修了。 若くして『三田文学』に文藝時評を掲載などし、61年同法学部副手、62年助手、65年専任講師、68年助教授、70―71年西ドイツハノーヴァー大学に留学、73年教授、2000年定年となり名誉教授。

E.T.A.ホフマン全集を22年かけて翻訳した。ほかに英語文学も翻訳、1980年代に人気番組「夕やけニャンニャン」で人生相談を担当。その後は「さかえ未来塾」を開いている[3]

2020年3月26日、心不全のため神奈川県藤沢市の介護施設で死去。

著書[編集]

  • 『沼での仮象 詩集』思潮社 1963
  • 『「夕ニャン」の先生と一緒に考えてみよう! ひとりで悩むなんてツマラない』角川書店 1986.4
  • 『ドイツ語翻訳教室』白水社 1996.5

翻訳[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『著作権台帳』
  2. ^ 深田甫氏死去
  3. ^ http://www.townnews.co.jp/0102/2008/12/11/29630.html