深淵之水夜礼花神

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
深淵之水夜礼花神

十七世神 第三代
先代 布波能母遅久奴須奴神
次代 淤美豆奴神

神祇 国津神
全名 深淵之水夜礼花神
神格 水神
布波能母遅久奴須奴神
日河比売
配偶者 天之都度閇知泥神
淤美豆奴神
神社 深淵神社
テンプレートを表示

深淵之水夜礼花神(ふかふちのみずやれはなのかみ)は、日本神話に登場する

概要[編集]

古事記』にのみ登場する神で、名称や系譜以外特に事績に関する記述はない。十七世神(とおまりななよのかみ)の一柱である国津神

名義は字面や親類の淤迦美神日河比売淤美豆奴神とのつながりから、水に縁のある神であると考えられるが、詳細は未詳である[1]

「深淵」は水が淀んで深い淵をなしているところの意味であり、「夜礼」を四段活用の「遣る」に対する受け身形で下二段活用の連用形とし、深い淵の水が目に見えない力によって送り出され流れてゆく、その始め(ハナ=端)と解し、「深い淵の水が遣やれ始めること」の意として水の運行の神格化と考えられる[2]。 また、「深淵」、「水」が淤迦美神・日河比売から、「花」は木花知流比売からの即興的連想で、深い意味はないとする説もある[3]

系譜[編集]

須佐之男命から大国主神までの系図(『古事記』による)。青は男神、赤は女神

布波能母遅久奴須奴神日河比売を娶って生んだ神で、天之都度閇知泥神を娶り淤美豆奴神を生んでいる。

祀る神社[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ 國學院大学 古事記学センター 深淵之水夜礼花神
  2. ^ 新潮日本古典集成 古事記
  3. ^ 國學院大学 古事記学センター 深淵之水夜礼花神

関連項目[編集]