深海底鉱業暫定措置法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
深海底鉱業暫定措置法
日本国政府国章(準)
日本の法令
通称・略称 なし
法令番号 昭和57年法律第64号
種類 産業法
効力 現行法
主な内容 深海底鉱業の保安について
関連法令 鉱山保安法鉱業法
条文リンク e-Gov法令検索
テンプレートを表示

深海底鉱業暫定措置法(しんかいていこうぎょうざんていそちほう) は、深海底鉱物資源を合理的に開発することによつて公共の福祉の増進に寄与するため、深海底鉱業の事業活動の調整等に関し必要な暫定措置を定めた日本法律である。法令番号は昭和57年法律第64号、1982年(昭和57年)7月16日公布された。

構成[編集]

  • 第1章 - 総則(第1条~第3条)
  • 第2章 - 深海底鉱業(第4条~第26条)
  • 第3章 - 損害の賠償(第27条~第28条)
  • 第4章 - 深海底鉱業国(第29条~第32条)
  • 第5章 - 雑則(第33条~第43条)
  • 第6章 - 罰則(第44条~第48条)
  • 附則

資格[編集]

外部リンク[編集]