深海帯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

深海帯英語:abyssal zoneもしくはabyssopelagic zone)とは、地球の海を漂泳区分帯によって区分した際に分類される層の1つである。地球の深海底の大部分は、この層に接している。深海底層深海底帯とも言われる。英語でのabyssギリシャ語で「底なしの」という意味のἄβυσσοςという語に由来している。水深は主に4,000 mから 6,000 mと定義されており、この深さの領域は暗闇に包まれ、貧栄養で水温もおよそ4 ℃と冷たい[注釈 1]。地球の表面積において占める割合は大きく、海底がこの深さにあるのは海底全体の約83%、地球表面でも約60%を占める[1]漸深層より深いため、無光層の領域である[1][2]。 なお、6000m以深は超深海層と呼ばれている[3]

生態系[編集]

深海帯に存在する有機物の量は、とても限られている。深海帯にいる生物の総数は、海流で運ばれてきたものや、より上層の漂泳区分帯から供給される餌の量に大きく関わってくる。生物ポンプは、微粒子の有機炭素や溶解性有機炭素などの有機物を大気中や海洋表面から海底へ循環させると考えられている。

[4]

深海帯の生命体には太陽光が届かないため、マリンスノーなどの沈殿物、藻類、魚の排せつ物や死骸などの上層からの栄養素に大いに関わってくる。 深海での生命体の多さは、海面近くから深海への栄養素の伝搬が効率的である限りでは、海面近くの生産性が高いところで多いという仮説が唱えられている。研究では、マリンスノーだけでは底生生物の栄養を充分に供給できないことが明らかになっている。また、海面近くで藻類や動物が大量発生すると微粒子性有機物も増えるため、数週間で数十年分もの栄養素が深海に運ばれることとなる。

[5]

中央海嶺沿いなどでよく見られる深海熱水噴出孔には硫化水素などの硫黄化合物が多く含まれている。ここでは、光合成をしない微生物の基礎生産が行われており、底生生物の栄養供給を支えている[6]

注釈[編集]

  1. ^ 水は一般的な物質とは異なり、4 ℃付近の液体の状態が最も密度が高く、重い。湯を入れて放置した浴槽の底部には冷えた水が溜まることも知られているように、温度の高い水は密度が低い。しかし一方で、水の固体である氷が、水に浮くことがよく知られているように、水は温度が凝固点に近付くと、再び密度が低下する。

出典[編集]

  1. ^ a b Deep Sea Biome”. Untamed Science. 2009年3月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年4月27日閲覧。
  2. ^ Nelson, Rob (2007年4月). “Abyssal”. The Wild Classroom. 2009年3月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年4月27日閲覧。
  3. ^ Abyssal”. Dictionary.com. 2009年4月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年4月27日閲覧。
  4. ^ Glover (2010). “Temporal Change in Deep-Sea Benthic Ecosystems: A Review of the Evidence From Recent Time-Series Studies”. Advances in Marine Biology 58: 10–12. doi:10.1016/S0065-2881(10)58001-5. 
  5. ^ Marine biology: Feast and famine on the abyssal plain”. ScienceDaily. Monterey Bay Aquarium Research Institute (2013年11月11日). 2017年10月23日閲覧。
  6. ^ Karl, D.M.; Wirsen, C.O.; Jannasch, H.W. (March 21, 1980). “Deep-sea primary production at the Galapagos hydrothermal vents”. Science 207.