深代芳史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
深代 芳史
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 群馬県
生年月日 (1946-05-13) 1946年5月13日(73歳)
身長
体重
181 cm
74 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1965年
初出場 1966年
最終出場 1966年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

深代 芳史(ふかしろ よしふみ、1946年5月13日 - )は、群馬県出身の元プロ野球選手投手)。

来歴[編集]

群馬県立沼田高等学校時代、早くから関東高校球界屈指の右腕として注目され、読売ジャイアンツ大洋ホエールズ国鉄スワローズ東映フライヤーズなど複数の球団から誘いを受けていた[1]1965年阪急ブレーブスに入団。2年目の1966年ウエスタン・リーグで同リーグ史上4人目のノーヒットノーランを記録するなど活躍し[2]同年10月4日の対近鉄バファローズ26回戦でプロ初登板・初先発。しかし速球を狙い打たれ土井正博に2ランを浴びるなど5回被安打6の3失点で敗戦投手に。これがプロ唯一の登板(出場)になった。その後1972年に近鉄に移籍するがここでも1軍登板機会には恵まれず1973年に現役を引退。引退後は地元群馬県で少年野球の指導などをしている。

ちなみに上述のプロ初登板の試合での唯一の打席でヒットを放っており、生涯打率が10割の選手の一人である。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1966 阪急 1 1 0 0 0 0 1 -- -- .000 22 5.0 6 1 2 0 0 2 0 0 3 3 5.40 1.60
通算:1年 1 1 0 0 0 0 1 -- -- .000 22 5.0 6 1 2 0 0 2 0 0 3 3 5.40 1.60

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1966 阪急 1 1 1 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1.000 1.000 1.000 2.000
通算:1年 1 1 1 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1.000 1.000 1.000 2.000

背番号[編集]

  • 55 (1965年 - 1971年)
  • 47 (1972年 - 1973年)

脚注[編集]

参考文献[編集]

森岡 浩 編著『プロ野球人名事典〈2003〉』日外アソシエーツ、2003年。ISBN 978-4816917714

関連項目[編集]