深井崇史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

深井 崇史(ふかい たかし、1953年4月30日[1] - )は、日本の実業家。株式会社大和総研ホールディングス社長[2]

経歴[編集]

  • 埼玉県出身[1]
  • 中央大学を卒業[3]
  • 株式会社大和総研ホールディングス代表取締役社長、株式会社大和総研代表取締役社長を歴任。
  • 2010年(平成22年)6月26日大和証券グループ取締役退任。株式会社大和総研ホールディングス社長、株式会社大和総研社長を兼務して株式会社大和総研ビジネス・イノベーション代表取締役社長に就任。[2]
  • 2016年(平成28年)4月1日 特別顧問に就任(現任)。後任は、白川真大和証券執行副社長・代表取締役副社長が就任。[4]
  • 2018年 (平成30年) 6月22日  株式会社レーサム社外取締役に就任(現任)。

脚注[編集]

  1. ^ a b 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.237
  2. ^ a b 大和証券グループ人事”. 2016年5月5日閲覧。
  3. ^ 活躍する中央大学OB・OG”. 2016年5月5日閲覧。
  4. ^ 大和証券グループ人事”. 2016年5月5日閲覧。