深き悩みの淵より、われ汝に呼ばわる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

深き悩みの淵より、われ汝に呼ばわる、(Aus tiefer Not schrei ich zu dir)は、ヨハン・ゼバスティアン・バッハ教会カンタータBWV38番。聖句は詩篇130篇である。マルティン・ルターコラール主よ深きふちの底より」が使われている。同じ聖書箇所によるバッハのカンタータ131番「主よ、深き淵よりわれ汝を呼ぶ」がある。

概要[編集]

ライプツィヒ時代の1724年に作曲された。三位一体後第21主日のカンタータである。

1曲目 合唱[編集]

ソプラノオーボエトロンボーン弦合奏通奏低音

Aus tiefer Not schrei' ich zu dir,
Herr Gott, erhoer' mein Rufen,
Dein gnädig' Ohren kehr zu mir,
Und meiner Bitt' sie öffnen!
Denn so du willst das sehen an,
Was Sünd' und Unrecht ist getan,
Wer kann, Herr, vor dir bleiben?

2曲目 レチタティーヴォ[編集]

アルト。通奏低音。

3曲目 アリア[編集]

テノール。オーボエ。通奏低音。

4曲目 レチタティーヴォ[編集]

ソプラノ。通奏低音。

5曲目 三重唱[編集]

ソプラノ。アルト。バス。通奏低音。

6曲目 コラール[編集]

合唱。オーケストラ。通奏低音。

Ob bei uns ist der Sünden viel,
Bei Gott ist viel mehr Gnade;
Sein' Hand zu helfen hat kein Ziel,
Wie groß auch sei der Schade.
Er ist allein der gute Hirt,
Der Israel erlösen wird
Aus seinen Sünden allen.

外部リンク[編集]