淡河弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
淡河 弘
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福岡県久留米市
生年月日 (1940-02-19) 1940年2月19日(79歳)
身長
体重
175 cm
67 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1962年
初出場 1963年
最終出場 1964年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

淡河 弘(おごう ひろし、1940年2月19日 - )は、福岡県[1]出身の元プロ野球選手捕手)・コーチ

経歴[編集]

久留米商では同期の手島征男(法大日産)とバッテリーを組み、2年次の1956年春の選抜へ出場。1回戦で堀川高に敗退。同年夏の甲子園県予選でも準決勝に進むが、戸畑高の村山泰延(西鉄)に抑えられ完封負け。3年次の1957年春の選抜に連続出場。準決勝に進むが早実王貞治に0-6で完封を喫する[2]。同年夏は県予選で敗れ甲子園出場はならなかった。1年下のチームメートに松本俊一がいた。

卒業後の1958年東洋高圧大牟田へ入社し、田中勉とバッテリーを組む。1960年都市対抗に出場。2回戦(初戦)で松下電器と対戦し、先制適時打を放つも1-2で惜敗。1961年大会では準々決勝に進出し、エース・大工勝を擁する富士鉄広畑と延長12回1-1で引き分け。この試合で淡河は貴重な同点本塁打を打っているが、再試合では連投の大工に0-5で完封負けを喫した[3]

1962年読売ジャイアンツへ入団[1]。2年目の1963年4月16日に一軍初出場。森昌彦に代わり、広島を相手に初の先発マスクを被る。この試合では5打数2安打3打点の活躍を見せ、その後の3試合も先発出場。しかし森の壁を破れず、その後は控えにとどまる。1965年からは一軍の試合には出場せず、支配下登録扱いだったがチーム内での役割はブルペン捕手だった。1974年限りで支配下登録を外れる。

その後は1975年に監督の長嶋茂雄の要請で[4]一軍バッテリーコーチを務めたが、球団初の最下位に終わる。1976年は二軍バッテリーコーチになり、同年限りで解任[5]1977年から1979年までヤクルトスワローズ二軍バッテリーコーチ、1984年日本ハムファイターズの一軍バッテリーコーチを務めたが最下位に終わり、1985年から1988年1991年から1995年まで二軍バッテリーコーチ, 1989年から1990年までスカウトを務めた。日本ハムコーチ時代の1984年1月には経済界より「あんな奴でもモノになるーシラケ、反抗人間を取り込む75の法」を出版。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1963 巨人 12 14 13 0 4 0 0 0 4 3 0 0 0 0 1 0 0 0 0 .308 .357 .308 .665
1964 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
通算:2年 13 14 13 0 4 0 0 0 4 3 0 0 0 0 1 0 0 0 0 .308 .357 .308 .665

背番号[編集]

  • 60 (1962年)
  • 39 (1963年 - 1970年)
  • 62 (1971年 - 1974年)
  • 82 (1975年 - 1976年)
  • 61 (1977年 - 1979年)
  • 81 (1984年 - 1988年)
  • 85 (1991年 - 1995年)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、127ページ
  2. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年
  3. ^ 「都市対抗野球大会60年史」日本野球連盟 毎日新聞社 1990年
  4. ^ 長嶋監督解任劇は割烹料理店から始まった 2011.03.29 zakzak
  5. ^ 石塚紀久雄著、完全版 長嶋茂雄大事典、1993年、P22,PHP研究所