淑儀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

淑儀(しゅくぎ)は、晋朝以降の後宮における皇帝の側室の称号。

西晋武帝の時に淑儀の号が制定され、「九嬪」の第3位となった。南北朝から五代十国において、淑儀は九嬪の一つであった。において、淑儀は十八嬪の一つとなっていて、従一に相当する。代に廃止されている。

李氏朝鮮では、『経国大典』によると淑儀は従二品の後宮であった。

参考文献[編集]

  • 晋書』后妃伝
  • 宋書』巻41后妃伝
  • 『宋会要輯稿』