淀小橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
淀小橋
基本情報
日本の旗 日本
所在地 山城国淀藩淀城下(現在の京都府京都市伏見区
淀小橋の位置(京都市内)
淀小橋
淀小橋
京都盆地における位置
構造諸元
全長 129m(七一間)
7m(四間)
関連項目
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示
淀小橋旧跡碑

淀小橋(よどこばし)は、宇治川にかつて架けられていた山城国淀藩淀城下(現在の京都府京都市伏見区)と納所(のうそ)村の間に架けられていた。

2015年現在、京都府道124号三栖向納所線沿いには、橋の跡の石碑が建てられている。

歴史[編集]

「淀下津町記録」には淀小橋が「寛永十六卯年に出来し也」(1639年完成)と記載されており、橋の長さは七一間(129m)、幅は四間(約7.3m)と記載されている。

参考文献[編集]

  • 『京都市の地名』平凡社、1979年

外部リンク[編集]