液体空気

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:液体空気(液化空気)の画像提供をお願いします。2020年1月

液体空気(えきたいくうき)とは、空気低温にして得られる液体法規上では液化空気と呼ぶ。

概要[編集]

空気を圧縮または冷却して液化したもの。わずかに青みを帯び、沸点は1気圧下でセ氏零下約190度。放置すると沸点の低い窒素が先に蒸発し、あとに酸素が多くなるため、工業的に窒素と酸素を得るのに利用している。[1][2]

また、沸点の違いを利用して、液体空気から窒素・酸素・希ガスなどが得られる。[3]

歴史[編集]

1895年C.P.G.R.vonリンデが空気を加圧して噴出膨張させることによって,空気自身の温度が降下するジュール=トムソン効果を用いて空気の液化に成功し,さらにG.クロードによって工業的に多量生産が可能になった。[4]

使用例 [編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 第2版, ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典,デジタル大辞泉,百科事典マイペディア,世界大百科事典 第2版,大辞林 第三版,日本大百科全書(ニッポニカ),精選版 日本国語大辞典,化学辞典. “液体空気(えきたいくうき)とは” (日本語). コトバンク. 2020年1月20日閲覧。
  2. ^ 液体空気(えきたいくうき)の意味 - goo国語辞書” (日本語). goo辞書. 2020年1月20日閲覧。
  3. ^ えきたいくうき【液体空気】 | え | 辞典” (日本語). 学研キッズネット. 2020年1月20日閲覧。
  4. ^ デジタル大辞泉,世界大百科事典内言及. “液化空気(エキカクウキ)とは” (日本語). コトバンク. 2020年1月20日閲覧。
  5. ^ 液体空気爆薬” (日本語). 川口液化ケミカル株式会社. 2020年1月20日閲覧。