海野螢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

海野 螢(うんの ほたる、9月29日 - )は、日本の漫画家東京都出身。男性。血液型A型[1]。主に成年向けの漫画雑誌に作品を発表している。名前は「蛍」ではなく「螢」の表記を用いる。

略歴[編集]

1998年春、フクヤジョウジ名義の、『まりあの受胎』でアフタヌーン四季賞佳作、以降、『月夜に釜を掘り出す』(1998年夏)でアフタヌーン四季賞佳作、『ボクたちのカリスマ』(1998年秋)にてアフタヌーン四季賞佳作、そして1999年春、『オヤスミナサイ』によりアフタヌーン四季賞四季大賞を受賞し、一般誌デビューする。

また、1998年12月には海野螢名義にて『われはロボット』(ふゅーじょんぷろだくと「パイク 戌寅・師走号[1998年12月号, vol.15]」)を発表した。

その後、フクヤジョウジ名義で『アフタヌーンシーズン増刊』(講談社)に『めもり星人』を連載した(全3話)。この作品は後に第4話「夏への扉」[2]を描き下ろして宙出版から海野螢名義にて刊行された。

以降は成年向け雑誌などで活動している。

2003年4月、処女単行本『風の十二方位』[3]を刊行した。

同人では、ももせたまみらと娼学館[4]と講漫社[5]というサークル名で活動した(2003年まで)。2003年以降は「黒鹿亭」[6]に名を改め、主に夏冬のコミケを中心にゲーム・ライトノベル・アニメのパロディ作品などを発表している。

2009年pixivに登録する。

2014年星雲賞アート部門にノミネート。

人物[編集]

作品にはSFの味付けがあることが多く、淡いタッチの叙情的な画面が特徴である。既存のSF小説のネタを用いることも多い。コマ割りには種々の工夫が見られる。また、作品中に登場する少女の描写は大抵貧乳ショートカットである[7]

海野が駆け出しでまだ数本しか商業で発表していなかった頃、FOX出版の『コミックヒメクリ』創刊に際してオファーがあり、しかもその雑誌では作家が自由に漫画を描けたという。海野は成人向けとしては異色な長編『風の十二法位』を連載し、以降もこういった作風での仕事の依頼が増えたという。

趣味は、サントラ、SF、映画[8]

作品リスト[編集]

単行本[編集]

  • 風の十二方位(FOX出版、2003年4月20日発行)
  • 少女の異常な愛情(松文館、2003年9月5日発行)
  • 空想少女綺譚(宙出版、2004年9月18日発行)
  • めもり星人(宙出版、2005年12月21日発行)
  • 思春期の終り(富士美出版、2006年10月25日発行)
  • 時計じかけのシズク(オークス、2006年12月15日発行)
  • マは小悪魔のマ(実業之日本社、2008年9月29日発行)
  • 大人の手がまだ触れない(オークス、2008年9月29日発行)
  • アンバランスな制服たち(松文館、2009年3月28日発行)
  • 新装版 風の十二方位(久保書店、2009年5月10日発行) - リニューアルし巻頭カラーや描き下ろしを追加。
  • オールリーフ大進撃(文苑堂、2009年12月24日発行)
  • 貧ショージング・ストーリーズ(久保書店、2010年4月10日発行)
  • アリスの二つの顔 (上)(松文館、2010年7月8日発行)
  • 夢十夜(久保書店、2011年5月30日発行)
  • アリスの二つの顔 (中)(松文館、2011年7月28日発行)
  • アリスの二つの顔 (下)(松文館、2012年2月28日発行)
  • トコの長い午後(ホビージャパン 2013年4月27日発行)
  • モウイイカイ?(太田出版 2014年7月17日発売)
  • 組曲・子供の情景(久保書店、2014年8月10日発行)

『めもり星人』『オールリーフ大進撃』『トコの長い午後』以外はすべて成人指定。

連載[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 本人のサイト、およびpixivのプロフィールより
  2. ^ ロバート・A・ハインライン『夏への扉』に由来
  3. ^ タイトルはル・グィンの同名小説より。
  4. ^ 小学館のもじり
  5. ^ 講談社のもじり
  6. ^ アーサー・C・クラークのSF短編集『白鹿亭奇譚』に由来
  7. ^ 本人のサイトのTOPページにて「~ここはショートカット貧乳作家海野螢のページ~」と記載(2009年現在)。『めもり星人』のようにロングヘアの女性が主人公のものもある。
  8. ^ 本人のサイト、自己紹介より

外部リンク[編集]