海野美盛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

海野 美盛(うんの びせい、元治元年11月15日1864年12月13日) - 大正8年(1919年9月22日)は、明治時代の彫金家、日本画家

水戸派の金工家初代海野美盛の甥・海野盛寿の子として江戸下谷に生まれる。海野勝眠の甥。本名・子之吉(ねのきち)。2代美盛を名乗る。後に東京美術学校教授を務めた。丸彫の人物、動物を得意とした。また、日本画を酒井道一河鍋暁斎に師事、明治22年(1889年)には京都へ赴き、四条派今尾景年にも学んでおり、竹を描いた「高節先生」などといった作品が知られている。京都では小倉惣次郎について西洋彫刻をも学んでいる。墓所は文京区白山の円乗寺。

甥に飛田周山がいる[1]。息子の海野建夫1905年 - 1985年)も彫金家で東京学芸大学教授

脚注[編集]