海野清

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

海野 清(うんの きよし、1884年11月8日 - 1956年7月10日)は、彫金家、日本芸術院会員、人間国宝

海野勝珉の三男として東京に生まれる。1911年東京美術学校金工科卒。父および加納夏雄に師事。1919年、母校助教授、1928年帝展特選、1929年から帝展、新文展審査員を務める。1932年、教授、フランスへ留学し1934年、帰国。1943年勲三等瑞宝章受章。

1947年帝国芸術院(同年、日本芸術院)会員、1949年東京芸術大学教授、日展運営会常任理事、1955年重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定、全日本工芸美術家協会会長、日本彫金家会会長。