海野勝眠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
海野勝珉から転送)
移動先: 案内検索
海野勝眠

海野 勝珉(眠)(うんの しょうみん、天保15年5月15日1844年6月30日) - 大正4年(1915年10月5日または8日)は、彫金家。水戸生まれ。幼名・竹次郎。別号は東華斎、芳州。

略伝[編集]

伝右衛門の四男として水戸で生まれる。叔父にあたり水戸藩士だった初代・海野美盛に金属彫刻を学ぶ。更に美盛の紹介で、当時水戸彫金界の泰斗だった同藩士・萩谷勝平から金属工芸の諸技術を収めて、基平と名乗った。「勝珉」の名は、師・萩谷勝平の「勝」と江戸時代の名彫金家・横谷宗珉の「珉」を合わせ後に名乗ったものと考えられる。また水戸時代には、安達梅渓に絵を、武庄次郎に漢籍も学び、高い教養も身につけている。

明治初年上京、明治9年(1876年駒込千駄木町で開業した。明治10年(1877年)第1回内国勧業博覧会、明治14年(1881年)第2回内国勧業博覧会で褒状。明治23年(1890年)、第3回同博覧会で「蘭陵王」で妙技一等賞。翌年東京美術学校助教授となり、先達で同校教授だった加納夏雄に師事し更なる研鑽を積む。明治27年(1894年)同教授、翌年の第4回内国勧業博覧会では審査員。明治29年(1896年)6月30日には帝室技芸員を拝命[1]。明治38年(1905年)加納に続き勲六等瑞宝章受章。大正4年に逝去後は、従四位勲四等に叙せられた。

加納と同じく、鋭角な刃先を持つ小刀のようなで金属を彫る片切彫を得意とした。また象嵌にも優れ、多種の金属を組み合わせる事で豊かな色彩表現を可能としている。

墓所は豊島区駒込染井霊園

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第3901号、明治29年7月1日。

参考文献[編集]

  • 松原龍一 「海野勝珉 太平楽置物」『国華』第1328号、国華社、2006年6月、pp.43-45

外部リンク[編集]