海部川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
海部川
Kaifu river.jpg
JR牟岐線 阿波海南 - 海部間から北望
水系 二級水系 海部川
種別 二級河川
延長 36 km
水源 湯桶丸
水源の標高 1,372 m
河口・合流先 太平洋
流域 徳島県海部郡海陽町
テンプレートを表示

海部川(かいふがわ)は、徳島県海部郡海陽町を流れる二級河川二級水系海部川の本流。環境省の調査で、全国で最も水がきれいな川36本の1つとの認定を受けている。

地理[編集]

海部川は、高知県境に近い湯桶丸標高1,372メートル)東面の槙木屋谷(轟山)に源を発して南東に流れ、紀伊水道に注ぐ流程36kmの川である。海部川上流部の山岳地帯は年間降雨量3,000ミリに達する全国有数の多雨地域(水源の森百選平成の名水百選四国のみずべ八十八カ所とくしま水紀行50選)。

かつては林業で栄えた過疎地を流れる海部川水系は開発などの俗化を免れたため、ダムもなく、川の水で野点をするほどの清冽な流れと、豊かな植生を誇る。天然のヒラテナガエビアメゴウナギなどの水生生物の宝庫であり、山のミネラルがそのまま海へたどり着く、日本では数少ない自然河川である。三間岩の淵や轟の滝日本の滝百選)などの景勝地や河口のサーフィンポイントは自然を満喫しようとやってくるコアな人々や釣り人でにぎわい、中には海部川に魅せられて移住した人もいる。

上流部は徳島県道148号中部山渓轟公園線、中流から下流は国道193号が並行している。河口部はカイフポイントと呼ばれる日本有数のサーフスポットとして知られ、各地からサーファーたちが集まる。

支流[編集]

流域の自治体[編集]

  • 徳島県
海部郡海陽町

自然景勝地[編集]

  • 轟の滝(轟神社) - 支流の王餘魚谷川流域

徳島・海陽 究極の清流 海部川 風流マラソン[編集]

徳島・海陽 究極の清流 海部川風流(ふる)マラソン海陽町が2009年から毎年2月に海部川沿いで開催する42.195kmのフルマラソンである[1]。まぜのおか - 町海部庁舎 - 海部川上流地域 - 小川樫ノ瀬折り返しで、海部川の風景や自然が楽しめるコースである。

県内4つ目の日本陸上競技連盟公認コースであり、海陽町は同ルートで四国駅伝の誘致も計画している。徳島県内ではこのほかにとくしまマラソン(4月、徳島市など)、南阿波サンライン黒潮マラソン(11月、牟岐町)がある。

脚注[編集]

  1. ^ 徳島・海陽 究極の清流 海部川風流マラソン”. 海陽町. 2013年8月1日閲覧。