アドミラルチェイスカヤ駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
海軍駅から転送)
移動先: 案内検索
Адмиралтейская
海軍省
Metro SPB Line5 Admiralteyskaya Platform.jpg
アドミラルチェイスカヤ
Admiralteiskaia
所在地 ロシアの旗 ロシアサンクトペテルブルク市ツェントラーリヌィ区(中央区)マラヤ・モルスカヤ(小海洋)通り
所属事業者 ペテルブルグスキー・メトロポリテン
所属路線 5号線(ブルンゼンスコ(フルンゼ)・プリモルスカ(沿海)線)
駅構造 地下駅
ホーム 1面2線
開業年月日 2011年12月28日
テンプレートを表示

アドミラルチェイスカヤ駅(-えき、ロシア語: станция «Адмиралтейская»、スタンツィヤ「アドミラルチェイスカヤ」)は、ロシアサンクトペテルブルク市ツェントラリヌィ区(中央区)マラヤ・モルスカヤ(小海洋)通りにあるサンクトペテルブルク地下鉄である。地下86mに位置し、世界でも屈指の深い場所にある駅となっている。

駅名の「アドミラルチェイスカヤ」とは、近隣にある旧海軍省(アドミラルチェイストヴォ)に因んでいる。1997年にこの区間が4号線として開通した際に、既にホームのみ用意されていた。しかし地上駅舎の建設には、すでにある建物のいずれかを改築する必要があるが、この付近の地上はエルミタージュ美術館や旧海軍省などの近隣で歴史的建築物が多いため、地上駅舎の位置がなかなか決まらず開業まで14年を要した。結局、地上駅舎はそれまであった古い建物の外観を再現して改築することで落ち着き、2009年にようやく地上駅舎とエスカレーター用の斜坑の工事が始まった。ロシアの地下鉄はホームから改札口まで1本のエスカレーターであることが多いが、この駅は地上駅舎の位置が後から決まったため2つのエスカレーターを使い、その乗り換えの際に100メートルを越える水平移動がある。

接続路線[編集]

トロリーバス・バス・乗合タクシー[編集]

ネフスキー大通りを東西方面に走る路線の他、ヴァシリエフスキー島など沿岸部方面へのバス・乗合タクシーが発着する。

  • マラヤ・モルスカヤ(小海洋)通り(駅東方、ネフスキー大通り南側)
    • ノヴォチェルカッスク通り方面: トロリーバス(1・7・10・11・17系統)、バス(7・24・100・180・191系統)
  • マラヤ・モルスカヤ通り(駅東方、ネフスキー大通り北側)
    • プリモルスキー方面: トロリーバス(10・11系統)、バス(7・24・180系統)
    • スポーツ宮殿方面: トロリーバス(1・7系統)、バス(191系統)
  • マラヤ・モルスカヤ通り(駅西方、マラヤ・モルスカヤ通り南側)
    • ノヴォチェルカッスク通り方面: トロリーバス(5・22系統)
  • マラヤ・モルスカヤ通り(駅西方、マラヤ・モルスカヤ通り北側)
    • トゥルダ(労働)広場方面: トロリーバス(5・22系統)、バス(3・10・22・27系統)
  • マラヤ・モルスカヤ通り(駅西方、ゴロホヴァヤ(豌豆)通り沿い)
    • トゥルダ広場→プリモルスキー方面: バス(100系統)、乗合タクシー(187系統)
    • スポーツ宮殿方面: 乗合タクシー(209・252系統)
    • モスコフスキー(モスクワ)区方面: トロリーバス(17系統)
  • 聖イサアク大聖堂(駅西方、ゴロホヴァヤ通りより西)
    • トゥルダ広場→ソスノヴァヤポリャナ方面: トロリーバス(5・22系統)、バス(22・27系統)、乗合タクシー(190・306系統)
  • ボリシャヤ・モルスカヤ(大海洋)通り(駅南方)
    • 十月公園方面: バス(22系統)
    • ノヴォチェルカッスク通り方面: バス(27系統)
    • モスクワ区方面: バス(3系統)
  • アドミラルチェイスカヤ(海軍省)大通り(駅西方、アドミラルチェイスカヤ大通り南側)
    • スポーツ宮殿方面: バス(10系統)
    • カザン聖堂方面: バス(100系統)、乗合タクシー(187系統)
  • アドミラルチェイスカヤ大通り(駅西方、アドミラルチェイスカヤ大通り北側)
    • トゥルダ広場→プリモルスキー方面: バス(100系統)
    • バルチースキー駅方面: 乗合タクシー(252系統)

駅構造[編集]

地上にコンコース、改札があり、地下86mに島式プラットホームがある地下駅である。ホームからいったん標高差15.2メートルのあまり長くないエスカレーターに乗り、水平方向に112メートル徒歩移動すると、地上まで続く標高差68.7メートルの長大なエスカレーターがある。この駅にはモザイク画が多く、ホームの奥には「1704年の海軍省の創設」のモザイク画。2つのエスカレーターを結ぶ水平通路の途中には「ネプチューン」が、水平通路が終わり地上までのエスカレーターに乗る場所には「ネヴァ(の女神)」、地上駅舎には「海軍省」の最も巨大なモザイク画がある。

  • 西行:コメンダント大通り方面
  • 東行:ヴォルコフ方面

利用状況[編集]

駅周辺[編集]

エルミタージュ美術館・海軍省・聖イサアク大聖堂の最寄駅であり、観光に便利な駅である。

歴史[編集]

  • 2011年12月28日 地下鉄5号線 サドーヴァヤ~スポルティヴナヤ間に新設開業。

隣の駅[編集]

サンクトペテルブルク地下鉄
5号線(ネフスキー・ヴァシリー島線)
スポルティヴナヤ - アドミラルチェイスカヤ - サドーヴァヤ

脚注[編集]

[ヘルプ]


関連項目[編集]

外部リンク[編集]