コンテンツにスキップ

海軍総司令部 (ドイツ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
海軍総司令部
Oberkommando der Marine
 1939年4月1日から1945年5月8日までの海軍総司令官旗
創設 1935年2月26日 - 1945年5月8日
国籍 ナチス・ドイツの旗 ドイツ国
軍種 ドイツ海軍
タイプ 司令部
上級部隊 総統大本営
基地 シェルハウスドイツ語版
主な戦歴 ヨーロッパにおける第二次世界大戦
指揮
現司令官エーリヒ・レーダー
カール・デーニッツ
ハンス=ゲオルク・フォン・フリーデブルク
ヴァルター・ヴァルツェハ
テンプレートを表示

海軍総司令部(かいぐんそうしれいぶ、ドイツ語: Oberkommando derMarine, 略号:OKM)は、ドイツ国防軍海軍の最高指揮機関。陸軍の陸軍総司令部や空軍の空軍総司令部に相当する。隷下には海戦司令部(参謀本部)や兵器局、艦隊司令部や各方面司令部などがある。海軍最高司令部とも訳される。

海軍総司令官

[編集]

海軍総司令官(Oberbefehlshaber der Kriegsmarine)。

海軍総司令部参謀長

[編集]

参謀長(Chefs des Stabes)。

  • Hermann Densch海軍少将(1936年1月 - 1936年9月)
  • Hermann Mootz海軍大佐/海軍少将(1936年10月 - 1939年1月)
  • Erich Schulte Mönting海軍少将(1939年1月 - 1944年2月)
  • Hans von Davidson海軍大佐(1944年2月 - 1945年4月)
  • Heinrich Gerlach海軍大佐(1945年5月)