海潮音

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

海潮音(かいちょうおん、skt:jaladharagarjita)は仏教用語で、釈迦説法の際の声の大きい事をに喩えた言葉。

用例としては、『法華経』や『華厳経』に於いて使用されているため、大乗仏教以後に使用された言葉である。

また、近代中国の仏教運動家の太虚1920年上海で刊行した仏教雑誌には、この名が付けられている。