海津富美代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

海津 富美代(かいづ ふみよ、1967年4月1日 - )は日本の元卓球選手。旧姓は山下。身長154cm、体重47kg[要出典]福井県小浜市出身[1]。最終所属は松下電工彦根[1]1992年バルセロナオリンピック1996年アトランタオリンピック代表[1][2]

経歴[編集]

小浜市立田鳥小学校から小浜市立小浜中学校に進む[1]。中学校のクラブ活動で卓球を始める[要出典]福井県立若狭高等学校を経て、中京大学体育学部卒業後、松下電工彦根に入社[1]

オリンピックには2度出場したが、決勝トーナメント1回戦が最高であった[2]。1993年11月に結婚[3]。このため、バルセロナオリンピックは「山下」姓での出場だったが、アトランタオリンピックは「海津」姓での出場である[2]

出身地の小浜市では、功績をたたえて「山下杯卓球選手権オープン大会」が開催されている[1]

出場歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 海津 富美代 - 小浜市卓球協会オフィシャルサイト
  2. ^ a b c d e f “卓球日本代表の五輪史”. 日刊スポーツ. http://beijing2008.nikkansports.com/table-tennis/history/top-history.html 2016年3月21日閲覧。 
  3. ^ 『卓球レポート』1994年2月号