海洋生態系

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
サンゴ礁は驚くべき多様性を持つ複雑な海洋生態系を形成
グレートバリアリーフでは、さまざまな種類のヒトデ、サンゴ礁、を見ることができる。

海洋生態系(かいようせいたいけい)は、地球上で最大の水生生態系であって、塩沼海岸河口ラグーンマングローブサンゴ礁深海底質などの環境をいう。 塩分濃度の低い淡水生態系と対比される。海水面は地球表面の三分の二を覆っている。 

海洋生態系は海と陸の両方の環境のために非常に重要である。

 また、サンゴ礁のような他の海洋生態系は、世界の海洋の多様性の最も高いレベルに食料や避難所を提供している。

海洋生態系は、通常、大規模な生物多様性を持っているため、 外来種に対する強い耐性を持っていると考えられている。

持続可能な開発目標(SDGs)の目標14[編集]

国連が2030年までに達成すべき目標として2015年9月に採択した『我々の世界を変革する: 持続可能な開発のための2030アジェンダ』の中の17個の目標の中の「目標14」として、海洋生態系を持続可能な形で保護することが謳われている[1]

脚注[編集]