海幸山幸 (列車)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
海幸山幸
海幸山幸(2010年6月26日、青島駅)
海幸山幸
(2010年6月26日、青島駅
概要
日本の旗 日本
種類 特別急行列車臨時列車
現況 運行中
地域 宮崎県の旗 宮崎県
運行開始 2009年10月10日
運営者 JR logo (kyushu).svg 九州旅客鉄道(JR九州)
路線
起点 宮崎駅
終点 南郷駅
営業距離 55.6 km (34.5 mi
使用路線 日豊本線日南線
車内サービス
クラス 普通車
座席 普通車指定席
普通車自由席:2号車(一部)
技術
車両 キハ125形400番台気動車
宮崎車両センター
軌間 1,067 mm
電化 非電化
テンプレートを表示
出発式(2009年10月10日)

海幸山幸(うみさちやまさち)は、九州旅客鉄道(JR九州)が宮崎駅 - 南郷駅間を日豊本線日南線経由で運行する臨時特急列車である。

概要[編集]

特急「海幸山幸」は、宮崎市日南市などの宮崎県南部地域を結ぶ観光列車として、2009年10月10日に運行を開始した。日南線田吉駅以南での優等列車の運転は、1980年に快速に格下げされた急行「佐多」「大隅」(「大隅」は日南線内は普通列車として運転)以来29年ぶりで、特急の運行は初めてとなる。

列車名は、南九州が舞台とされている日本神話(日向神話)の山幸彦と海幸彦に由来している。コンセプトは、「木のおもちゃのようなリゾート列車」。

運行概況[編集]

2009年10月10日の運行開始以降、土曜・休日および春・夏・冬休みなどの長期休暇期間中に、1日1往復運行されている[1][2]

ワンマン運転のため車掌は乗務せず、客室乗務員が車内改札や観光案内などを行う。向谷実オリジナルのミュージックホーンが2種類(出発用と到着用)、車内放送用に2種類の車内チャイム、3分弱の車内BGM(海幸山幸テーマ曲)が収録されている。

停車駅[編集]

宮崎駅 - 南宮崎駅 - 田吉駅 - 子供の国駅 - 青島駅 - 北郷駅 - 飫肥駅 - 日南駅 - 油津駅 - 南郷駅

  • 日によっては大堂津駅に停車する。
  • 南郷駅は本線脇に保線用の側線があるだけで列車留置が不可能な構造である。したがって、南郷駅に到着した下り列車はいったん油津駅まで回送されて留置され、上り列車の運行時間になると再び南郷駅まで回送される。
  • 宮崎駅 - 田吉駅間は乗車券のみで自由席に乗車可能で、田吉駅を跨いで乗車する場合も特急料金は田吉駅以南の区間についてのみで計算される。宮崎駅 - 南宮崎駅 - 宮崎空港駅間には以前より同様の特例がなされており、「海幸山幸」もこれに倣った形である。
  • 更に、宮崎駅 - 南郷駅間において、25kmを超える乗車の場合、特急券に特定運賃が適用される。


使用車両・編成[編集]

2011年3月12日現在の編成図
海幸山幸
← 南郷
宮崎 →
1 2
指自
  • 全車禁煙
凡例
指=普通車座席指定席
自=普通車自由席

2005年9月の台風14号による被害で廃線となった高千穂鉄道のTR400形気動車2両を購入し、改造のうえ充当している。導入に際してはJR九州のローカル線用気動車であるキハ125系気動車に形式編入され、400番台(キハ125-401・402)に番台区分された。内外装のデザインは水戸岡鋭治が担当し、前記したコンセプト通り、内装のみならず外装にも木材(飫肥杉)が使用されている点が特徴である。

当初は、鹿児島総合車両所(本カコ)所属(日南運用)であったが、2011年4月1日に宮崎車両センター(鹿ミサ)発足に伴い転属した。

編成は普通車のみの設定で、定員は1号車「山幸」が21名、2号車「海幸」が30名の計51名である。1号車および2号車のうち21席が指定席、2号車のうち9席が自由席となる。運行開始当初は2号車全車が自由席となっていたが、指定席が取りにくい状況が続いたことから、2009年12月5日の運行分より2号車の一部も指定席に改められた[3]

なお、定員外のフリースペースとして1号車には6席分・2号車には8席分のソファシートがそれぞれ設置されている。


特徴[編集]

1号車にはサービスカウンターがあり、この列車のスタンプが用意されている。また車内ではこの列車のオリジナルグッズや前述の車内BGMなどが収録されたオリジナルCD、沿線の特産品(マンゴーキャラメルアイスクリームなど)や飲食物の販売を行っている。 放送装置もサービスカウンターに設置されており、放送は基本的にここから行い運転席の放送装置は使用しない。

青島駅 - 北郷駅間の鬼の洗濯板、油津駅 - 南郷駅間の七ツ岩が見える付近では速度を落として走行している。その際前述の車内BGMが流れ客室乗務員が案内放送を行う。また飫肥駅到着前などでも観光案内放送を行っている。

「にちなん号」

観光列車の運転に合わせて地元でも連携した動きが見られ、下り列車は飫肥駅に約10分停車し、駅では地元住民による特産品の販売が行われており、乗客がお土産などに購入する姿が見られる。

また下り列車の南郷駅到着時刻と上り列車の南郷駅発車時刻に合わせて周回バスも運転されており、旧南郷町の観光地巡りもすることができる。

この列車と連動して宮崎交通観光バス「にちなん号」を走らせていたが、2016年2月28日の運行をもって運行を終了した[4]。運行終了後、車両はラグーナテンボスの無料シャトルバスに転用された。「海幸山幸」の指定席と「にちなん号」が利用できる「日南レール&バスきっぷ」が発売されていた。

「にちなん号」の運転時刻は「海幸山幸」の南郷駅到着時刻に準じており、往路・復路どちらかを「海幸山幸」、もう片方を「にちなん号」に乗車して宮崎駅 - 南郷駅間を往復することが可能であった。

2009年12月5日以降は、「にちなん号」を2往復に増強し、「にちなん号(きたごう)」、「にちなん号(なんごう)」としてそれぞれ1往復ずつ運転されていた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “日南線観光特急「海幸山幸」の運転について(平成22年3〜9月)” (PDF) (プレスリリース), 九州旅客鉄道, (2010年1月12日), オリジナル2010年2月15日時点によるアーカイブ。, http://web.archive.org/web/20100215012017/http://www.jrkyushu.co.jp/tabi/umisachiyamasachi/img/20100122_01.pdf 2017年2月14日閲覧。 
  2. ^ 日南線観光特急「海幸山幸」の運転について(平成22年8月〜平成23年2月) (PDF) - 九州旅客鉄道ニュースリリース 2010年7月27日[リンク切れ]
  3. ^ ご好評にお応えして 特急「海幸山幸」の指定席を増やします - 九州旅客鉄道ニュースリリース 2009年10月23日[リンク切れ]
  4. ^ 「にちなん号」に乗って日南海岸〜北郷を巡る旅”. 宮崎交通. 2009年10月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年2月14日閲覧。

外部リンク[編集]