海外電力調査会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

一般社団法人 海外電力調査会(いっぱんしゃだんほうじんかいがいでんりょくちょうさかい、英語名 " JAPAN ELECTRIC POWER INFORMATION CENTER " ; JEPIC)は、海外の電気事業に関する調査研究などを実施する一般社団法人。元経済産業省所管。

概要[編集]

事業[編集]

  • 海外の電気事業に関する調査研究
  • 電気事業に関する海外の関係機関、団体との交流及び協力
  • 海外の電気事業に関する情報・資料の収集・分析及び提供
  • 海外の電気事業に関する報告会、研究会等の開催
  • 海外に対する日本の電気事業に関する情報の提供
  • その他、会の目的を達成するために必要な事業[3]

批判[編集]

2011年5月25日衆議院内閣委員会で、設立以来の専務理事7代全員が経済産業省出身者であることが指摘され、基本的に電力会社からの会費によって成り立っている公益法人への天下りは事実上電力会社への天下りといえる、天下り指定席だ、と批判された。[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]