海印寺 (長岡京市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

海印寺(かいいんじ)は、京都府長岡京市にあった寺院。一説にモウソウチクが初めて伝わった場所とも言われる。

9世紀始めに道雄によって創建された。かつては国家・皇室の庇護を受けて栄え、周辺の村々を海印寺領とした時期もあった。10の支院を持ち、年分度者2名が定められ、定額寺に認定された。平安時代後期には衰退し、鎌倉時代には再興が図られるなどしたが、応仁の乱で罹災した。現在では、海印寺十院と呼ばれたうち寂照院のみが残っている。 なお、当時の海印寺は、現在の奥海印寺、下海印寺の集落に跨っていたと伝えられている。

モウソウチク竹林-京都府登録文化財(2012年3月)

地名[編集]

同市内の旧海印寺村地域の地名や施設名等にその名が残る。