海別岳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
海別岳
Mt Unabetsu.JPG
南方に位置する武佐岳より望む海別岳(奥)
手前は尖峰[1]
標高 1419.3[2] m
所在地 北海道斜里町羅臼町標津町
位置 北緯43度52分37秒
東経144度52分36秒
座標: 北緯43度52分37秒 東経144度52分36秒[2]
海別岳の位置
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

海別岳(うなべつだけ)は、北海道斜里町羅臼町標津町にまたがる知床半島の付け根に位置する第四紀火山である。標高は1419.3m。山体は3町にまたがる。

名称の由来はこの山を水源とする海別川からである。永田方正著『北海道蝦夷語地名解』によれば、海別はアイヌ語の「ウナペッ」(灰の川)に由来し、かつて海別川全体が火山灰で埋まったことがあったという。しかし下記の通り、この山が歴史時代に噴火した事実はない。

特徴[編集]

安山岩および玄武岩[3]成層火山で、活動時期は90-50万年前[3]

登山[編集]

整備された登山道は無い。そのため、登頂には積雪期が一般的である。なだらかな斜面を有するのでスキー登山に向く。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ この尖峰は固有名詞で地形用語の尖峰ではない
  2. ^ a b 日本の主な山岳標高 ―日本の山岳標高一覧(1003山)―
  3. ^ a b 出典: 日本の火山 海別岳 - 産業技術総合研究所 地質調査総合センター、2016年12月閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]