人魚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
海乙女から転送)
移動: 案内検索
ジョン・ウィリアム・ウォーターハウスによる人魚(マーメイド)の絵画(1905年
The Land Baby, ジョン・コリア作(1899)

人魚(にんぎょ)は、水中に生息すると考えられた伝説上の生き物である。

呼び名[編集]

英語ではマーフォーク (merfolk) と言い、特に若い女性の人魚はマーメイド (mermaid) または男性の場合はマーマン (merman) と呼ばれる。マー (mer-) は、単語では mere となり、いずれもラテン語の mare(海)に由来する。

女性はゼーワイフ、男性はゼーメンシュともいう。

図像[編集]

ヨーロッパで伝えられるものと、中国日本の伝承とでは、水域に棲み人と魚の特徴を併せ持つという以外は、形状や性質が大きく異なる。

ヨーロッパの人魚は、上半身がヒトで下半身が魚類のことが多い。裸のことが多く、服を着ている人魚は稀である。

伝説物語に登場する人魚の多くは、マーメイド(若い女性の人魚)である。今日よく知られている人魚すなわちマーメイドの外観イメージは、16–17世紀頃のイングランド民話を起源とするものであり、それより古いケルトの伝承では、人間と人魚の間に肉体的な外見上の違いはなかったとされている[1]

尾びれが1つと思われがちだが、古い絵などには2つの尾びれを持った物が多く描かれている(ヨーロッパの古い紋章の中にも、2股に分かれた尾部を持つ人魚をかたどるものがあり、そのような紋章は、今でもスターバックス・コーヒーやマドンナ社(出版社)の商標の中に、現代風にリファインされた類型を見ることができる)。

一方、東洋の人魚のイメージは、ヨーロッパの人魚のイメージを蛇女房、龍女房伝説と重ね合わせたもので、不知火や仙崎のお静伝説(不死の肉により八百年生きる少女の話)をも取り込み、八百比丘尼伝説が生まれることとなった。

山海経』では「人魚」とは河に住む生き物で、䱱(通説によればオオサンショウウオ)に似るとされる。

サルの死骸を用いてこの人魚のミイラを偽作した物が残っており、ヨーロッパへの輸出品ともなった。

近年[いつ?]の創作では、従来の人魚の特質に加え、自分の意思で可逆的にヒトに変身できるタイプの人魚も登場するようになってきた。

伝承の由来[編集]

今日では海棲哺乳動物のジュゴンの見間違いに端を発したという話が広く流布しているが、学術的根拠があるわけではない。むしろ象徴性とアレゴリーに積極的根拠があるものと考えられている。

シンボリズム[編集]

不吉な象徴とされることが多く、たいていの文学作品では、人魚は最後まで幸せなままでいることはない[2]

西洋の人魚伝説[編集]

ローレライ[編集]

ライン川にまつわる伝説。ライン川を渡る舟に歌いかける美しい人魚たちの話。彼女たちの歌声を聞いたものは、その美声に聞き惚れて、舟の舵を取り損ねて、川底に沈んでしまう。詳しくはローレライの項を参照。

メロウ[編集]

メロウ (merrow) は、アイルランドに伝わる人魚である。姿はマーメイドに似ており、女は美しいが、男は醜いという。この人魚が出現すると嵐が起こるとされ、船乗り達には恐れられていた。また、女のメロウが人間の男と結婚し、子供を産むこともあるという。その場合、子供の足には鱗があり、手の指には小さな水掻きがあるとされる[3]

セイレーン[編集]

航海者を美しい歌声で惹きつけ難破させるという海の魔物で、人魚としても描かれる。もとはギリシア神話に登場する伝説の生物。セイレーンの項参照。

ハルフゥ[編集]

ハルフゥ (Havfrue) は、ノルウェーに伝わる人魚で、漁師の間では人魚を見たら嵐や不漁の前兆とされ、人魚を見たら仲間に話さずに火打石で火花を立てることで回避することができるとされる。また、人魚には予知能力があるとされ、子供の人魚(Marmaeller)を捕まえた漁師は予言を聞くことができる。男の人魚はHavmandと呼ばれ、人間に対しては好意的である。

アジアの人魚伝説[編集]

海人[編集]

この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細

古代中国でヒトの祖先とされた、一種の海棲人類のこと。『淮南子』巻四では、各種の動物について、古代中国独特の「進化論」が説かれている。ヒトの進化の道筋については、

𥥛(ハツ)は海人を生じ、海人は若菌(じゃくきん)を生じ、若菌は聖人を生じ、聖人は庶人を生ず。およそ𥥛なる者は庶人より生ず

とある(𥥛は、「穴かんむり」の下に「祓」の右半分を書く)。

この一文は難解だが、ヒトの祖先は𥥛(細毛におおわれたサル)であり、以後、𥥛→海人(海棲人類)→若菌(意味未詳)→聖人(完成された古代の人間)→庶人(普通の人間)→「およそ𥥛なる者」(未来の退化した人類)と、進化と退化を重ねてきた、と解釈する主張もある[4]

浪奸[編集]

韓国・朝鮮に伝わる人魚伝説では、あるとき李鏡殊(イ・ジンスウ、이진수)という漁夫が、海上で美女に誘われ、龍宮へ行って1日を遊び、帰るときに、食すると不老長寿になるという高麗人参に似た土産(これを人参ではなく人魚と称する)をもらった。訝った李鏡殊はそのままにしておいたが、娘の浪奸がそれを食べてしまう。彼女は類い稀な変わらぬ美貌を得たが、数百年もの長寿を持て余し300歳を越えて山を彷徨い行方不明になったという[5]

海人魚[編集]

中国の人魚。『洽聞記』という書物によれば東海(東シナ海)に生息し、体長は大きい個体では5~6尺(約1.5~1.8メートル)。容姿は大変美しく、髪は馬の尾のようで、鱗には細い毛がある。中国の人魚伝承では交婚が認められていないことが多いが、海人魚は交婚は自由であり、臨海で多くの鰥寡を捕らえて池や沼で養うという[6]

日本の人魚[編集]

鳥山石燕今昔百鬼拾遺』より「人魚」

日本でも人魚の存在が早くから知られている。最古の記録は619年とされており、摂津国(現・大阪府)で漁師の網に人魚が捕えられたという記述が『日本書紀』にある[7]

また聖徳太子近江国(現・滋賀県)で人魚に会い、生前の悪行で人魚に姿を変えられたと聞いて手厚く供養したという話もある(観音正寺[8]

鎌倉時代の『古今著聞集』などでは、日本の人魚はヒト状の顔を持つ魚とされていたが、江戸時代後期にはヨーロッパ同様、ヒトの上半身と魚の下半身を持つ姿と伝えられるようになる[8]

日本各地に伝わる人魚伝説は恐ろしいものとされることが多い。江戸時代越中国(現・富山県)では、角を持った全長11メートルの人魚を人々が450丁もの銃で撃退としたといわれる。若狭国(現・福井県南部)でも漁師が岩の上に寝ていた人魚を殺した後、その村では海鳴りや大地震が頻発し、人魚の祟りと恐れられたという。このように人魚が恐れられたのは、中国の『山海経』に登場する、赤子のような声と脚を持つ人魚の影響を受けたためといわれる[8]

一方では吉兆との説もあり、寿命長久や火難避けとしても崇められたこともある。高野山の麓の西光寺(和歌山県橋本市)には全長約50センチメートルの人魚のミイラがあり、不老長寿や無病息災を願う人々の信仰の対象となっていたといわれ、現在でも橋本市の有形民俗文化財に指定されている[8]博多津に人魚が出現した際に国家長久の瑞兆と占われ、人魚を龍宮寺福岡県福岡市博多区)に埋葬された。

八百比丘尼[編集]

八百比丘尼入定の地。
福井県小浜市空印寺にて。
2006年11月

八百比丘尼(やおびくに、はっぴゃくびくに[9])は、日本のほとんど全国に分布している伝説。地方により細かな部分は異なるが大筋では以下の通り。

若狭国のとある漁村の庄屋の家で、浜で拾ったという人魚の肉が振舞われた。村人たちは人魚の肉を食べれば永遠の命と若さが手に入ることは知っていたが、やはり不気味なためこっそり話し合い、食べた振りをして懐に入れ、帰り道に捨ててしまった。だが一人だけ話を聞いていなかった者がおり、それが八百比丘尼の父だった。

父がこっそり隠して置いた人魚の肉を、娘が盗み食いしてしまう。娘はそのまま、十代の美しさを保ったまま何百年も生きた。だが、結婚しても必ず夫に先立たれてしまい、父も年老いて死んでしまった。終いには村の人々に疎まれて尼となり、国中を周って貧しい人々を助けたが、最後には世を儚んで岩窟に消えた。

八百比丘尼の伝承は日本各地にあるが、中でも岐阜県下呂市馬瀬中切に伝承される八百比丘尼物語は「浦島太郎」と「八百比丘尼」が混ざった話として存在し、全国的に稀である[10]

京都府綾部市福井県大飯郡おおい町の県境には、この八百比丘尼がこのを越えて福井県小浜市に至ったという伝承のある尼来峠という峠がある。

康富記』には、15世紀中頃に白比丘尼という200余歳の白髪の尼(13世紀生まれの尼)が若狭国から上洛し、見世物として料金を取った記述があるが、『臥雲日件録』では白比丘尼は八百老尼と同じであると解されている。ただし、この老尼は八百比丘尼伝説を利用した芸能者だったと考えられている。当時から八百尼丘尼の伝説は尼によって布教活動に利用されており、こうした伝説を利用する女性も少なくなかった一例である。

絵本小夜時雨[編集]

『絵本小夜時雨』二之目録
「浪華東堀に異魚を釣」[11]

江戸時代の古書『絵本小夜時雨』の二之目録「浪華東堀に異魚を釣」に記述がある。寛政12年(1800年)、大阪西堀平野町の浜で釣り上げられたとされる体長約3尺(約90センチメートル)の怪魚。同書では人魚の一種とされるが、多くの伝承上の人魚と異なり人間状の上半身はなく、人に似た顔を持つ魚であり、ボラに似た鱗を持ち、人間の幼児のような声をあげたという[11]

水木しげるの著書には「髪魚(はつぎょ)」として載っている[12]

アイヌソッキ[編集]

アイヌ民話で北海道内浦湾に住むと伝えられる人魚。『八百比丘尼』の伝説と同様、この人魚の肉を食べると長寿を保つことができるという[13]

人魚供養札[編集]

秋田県井川町洲崎(すざき)遺跡(13–16世紀、鎌倉室町期)出土の墨書板絵の一つに「人魚供養札」がある。これは民話ではなく、出土遺物であるが、僧侶と人魚が描かれた中世における物的資料である。

井戸跡から見つかり、長さ80.6センチ。魚の体に両腕と両足が描かれ(尾びれはある)、人の顔だが髪はなく、鱗で覆われている。板絵を観る限り、僧侶より小さい体であるが、犬くらいはある。人魚出現に対し、除災の供養の様子を描いたものと見られる。前述の『古今著聞集』の記述とは形体が違い、四足動物のような外見(両生類とも半魚人ともいえぬ姿)をしている。西洋的分類としては、魚人に近い面がある。

日本のその他の人魚[編集]

これらの他にも、江戸時代に肥後国(現 熊本県)で疫病の流行を予言したアマビエ石垣島明和の大津波を予言したザンなどの伝承がある。

パプアニューギニアの人魚[編集]

パプアニューギニアニューアイルランド島東海岸に住むナケラ族には、リーという半人半魚の生き物の伝説がある。

また、イコン村[どこ?]に住むススルンガ族の伝説にもイルカイと呼ばれる半人半魚の生き物の伝説が伝えられている。

人魚姫の像[編集]

ハンス・クリスチャン・アンデルセン作の物語である『人魚姫』を記念して作られた人魚姫の像デンマーク王国コペンハーゲン)は、人魚姫の物語を演じたバレエに感銘を受けた、カールスバーグ醸造所創立者の息子カール・ヤコブセンの要請で、彫刻家エドヴァルド・エリクセンにより1913年に制作された。

そのバレエの主役を演じ当時デンマーク王立劇場のプリマ・ドンナであるエレン・プリースがモデルだったが、彼女が裸体モデルを拒否したため頭部のみのモデルとなり、エドヴァルドの妻で、E・H・エリック岡田眞澄兄弟の伯母にあたるエリーネ・エリクセンが、首から下のモデルとなっている[14]

アンデルセンの原作では、腰から下は魚だったはずだが、この人魚像は足首の辺りまで人間で、それ以下が魚のひれになっている。これは肢体のモデルとなったエリーネの脚があまりにも美しく、鱗で覆うのがしのびなかったためだという。

このレプリカが、日本では大阪港、岡山の倉敷チボリ公園愛知県安城市デンパークにある。いずれも本物よりひと回り小さい。

デンマーク国内でこの像を複製する場合は本物の形状を改変してはならないことになっており、例えばデンマーク発祥のレゴブロックで制作したものは公に展示できない。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ボブ・カラン-著/萩野弘巳-訳 「ケルトの精霊物語」青土社、2000年、141–142頁。
  2. ^ 大林太良 「東西人魚覚え書」(『神話の話』 講談社学術文庫、1979年、67–73頁。
  3. ^ 草野巧『幻想動物事典』 新紀元社1997年、304頁。
  4. ^ 加藤徹『怪力乱神』中央公論新社2007年、141頁–142頁。
  5. ^ 『韓国の民話と伝説(高句麗・ 百済編)』
  6. ^ 水木しげる 『妖鬼化 5 東北・九州編』 Softgarage2004年、85頁。ISBN 978-4-86133-027-8
  7. ^ 村上健司編著 『妖怪事典』 毎日新聞社2000年、255頁。ISBN 978-4-620-31428-0
  8. ^ a b c d 志村有弘監修 『図説 地図とあらすじで読む 日本の妖怪伝説』 青春出版社2008年、24-25頁。ISBN 978-4-413-00965-2
  9. ^ 八百比丘尼(やおびくに・はっぴゃくびくに) 福井県の民話 福娘童話集、2009年2月8日
  10. ^ 『岐阜県益田郡誌』
  11. ^ a b 「絵本小夜時雨」『百鬼繚乱 - 江戸怪談・妖怪絵本集成』 近藤瑞木編、国書刊行会2002年、108-109頁。ISBN 978-4-336-04447-1
  12. ^ 水木しげる 『図説 日本妖怪大全』 講談社講談社+α文庫〉、1994年、361頁。ISBN 978-4-06-256049-8
  13. ^ 『妖怪事典』、2頁。
  14. ^ 緯度0大作戦』海外版DVD 岡田眞澄のオーディオ・コメンタリ

関連項目[編集]