浮島徹士

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
浮島 徹士
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 静岡県
生年月日 (1968-08-11) 1968年8月11日(51歳)
身長
体重
179 cm
72 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 内野手
プロ入り 1989年 ドラフト外
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

浮島 徹士(うきしま てつし、1968年8月11日 - )は、静岡県出身の元プロ野球選手内野手)。右投左打。

来歴・人物[編集]

静岡学園高から神奈川大学短期大学部に進学し、神奈川大学野球連盟に加盟している神奈川大学硬式野球部でプレー。2年次の1988年の秋季リーグでは、打率.420をマークし首位打者を獲得した。

短大卒業後、ロッテオリオンズに球団職員扱いとして籍を置き、1989年オフにドラフト外で入団した。

一軍公式戦への出場が無いまま、1993年限りで現役を引退した。

1994年に出版された小林至の著書「ボクの落第野球人生」 によると、1993年5月まではイースタンリーグのベストテン入りするほどの打撃だったが、夏場に入って右肘を故障したという。スローイングもままならない状態にもかかわらず、首脳陣からは「代わりがいないから出ろ」と言われ、シーズン終了後の黒潮リーグまで試合に出続けたため悪化。秋季練習に入ってからトレーナーから報告を受けた首脳陣から「手術するように」と指示を受けたにも関わらず、数日後に球団フロントから「二軍選手の手術代(11万円)を球団が負担した例はないから」という理由から解雇通告を受けたとのことである。後日、浮島は選手会に訴え出たが、選手会という組織は正式な労働組合ではないからか、結局「協約違反にはならないから…」と口をにごし、有耶無耶にしたという。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

  • 一軍公式戦出場なし

背番号[編集]

  • 61 (1990年 - 1993年)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]