浮世亭歌楽・ミナミサザエ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

浮世亭歌楽・ミナミサザエ(うきよていからく・みなみさざえ)は、昭和期に活躍した日本漫才師

また民間放送黎明期の朝日放送松鶴家光晴・浮世亭夢若中田ダイマル・ラケットらとともに専属となり1954年には「ホンダ・ドリーム・クイズ」「漫才教室」などで活躍。

歌楽は戦後、仁輪加出身あってかいくつかの映画にも出演。

メンバー[編集]

奈良県大阪府大阪市とも)生まれ、浮世亭夢丸は実の兄。仁輪加師の大和家小宝楽の門下で大和家楽治を名乗った。戦前、戦中は2代目一輪亭花咲共に仁輪加師として活躍(1972年1973年とも)には国立劇場で一輪亭花咲と一緒に仁輪加で舞台に上がっている。)。その後漫才に転向し浮世亭歌楽を名乗る。浮世亭夢若、河内家一春、妙子ら多くの相方と変え、戦後は秋田實宝塚新芸座にも所属、戎橋松竹千日劇場トップホットシアター松竹芸能系の劇場に出演し浅田家寿郎、ミナミサザエらと組んだ。最後は喜多しんじと組んだのを最後に引退した。1960年より都家文雄のあとを受け継ぎ関西演芸協会会長を務める他、喜劇曽我廼家明蝶主催の「明蝶学院」の講師も務め後進の指導に力を注いだ。愛称は「カァさん」。
  • ミナミサザエ1920年 - ?)本名は奥村スミ子。立ち位置は向かって右。
大阪府天下茶屋の生まれ、父の知人の小山慶司の門下で子役でデビュー。実の姉が小唄志津子、10歳の時に尾道市、小山寿美江の名で姉の志津子とコンビを組む。その後市川小福千歳家歳男若松家正三郎、浮世亭歌楽、美山なをみ、と相次いでコンビを変えた。1965年には南喜代子三遊亭柳枝の元妻で相方)と組んだのを最後に引退した。

一門[編集]

弟子筋は浮世亭夢丸を含めて浮世亭一門(または浮世亭派)と呼ばれ現在でも多くの芸人が活躍している。

直弟子[編集]

孫弟子[編集]

以下とん平門下。


参考文献[編集]

  • 「現代上方演芸人名鑑」(少年社、1980年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]