コンテンツにスキップ

浦野理一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
うらの りいち

浦野 理一
生誕 1901年4月22日
日本の旗 日本長野県
死没 1991年
職業 染織研究家、染織プロデューサー
テンプレートを表示

浦野理一(うらの りいち、1901年4月22日[1]-1991年[2])は、日本の染織研究家[3]、染織プロデューサー[4]。飛鳥時代から江戸末期までの染織物数万点を収集して研究し[1]、作品づくりや著作に反映させた[2]。そのコレクションは日本で唯一ともいわれた[1]。雑誌『ミセス』誌上で長期にわたって連載を持ち[2]小津安二郎の映画では衣装を担当した[2]

経歴

[編集]

1901年4月22日、長野県に生まれる[2]。小学生の頃からきものに興味を持ちはじめた[1]。東京・神田の錦城商業学校を卒業し[5]、1918年(大正7年)、日本橋白木屋(元東急百貨店日本橋店)に入社し、呉服部に勤めた[5]。染織研究のためのきものやボロきれ集めに熱中し、古着屋や骨董屋を巡って月給の大半を注ぎ込んだ[1][5]。1942年(昭和17年)には故郷の長野で蚕糸関係の家業についた[5]。収集品を通じてきものや染織の歴史と技術への知識を深め、自分でも柄を考案し、染めたり織ったりしてみたいと考えるようになった[5]浮世絵で描かれるきものの柄の美しさに魅了され、喜多川歌麿歌川豊国葛飾北斎らの浮世絵の収集にも手を広げた[1]

1954年(昭和29年)から19年間にわたって北鎌倉東慶寺で作品展「帯ときものの会」を開き[6]、市民や文化人、外国人の注目を集め、鎌倉の年中行事とも言われるほどだった[1][6]

1957年(昭和32年)、芸術部門で民芸織物の収集と研究が評価され、第6回神奈川文化賞を受賞した[1][7]

1958年、小津安二郎初のカラー作品『彼岸花』に浦野のきものが使われた。クレジットには「衣装考撰 浦野繊維染織研究部」と記載された[8]。『秋日和』(1960年)、『小早川家の秋』(1961年)、『秋刀魚の味』(1962年)でも浦野のきものが使われ[9]、クレジットにはいずれも「衣装考撰 浦野染織研究所」と記載された[10]。浦野が小津と知り合ったのは、小津の母との縁だと浦野自身が述べている[11]

1959年に出版された『幸田文全集』(中央公論社)では、表紙に浦野の手織木綿が用いられた[12]。茶と薄鼠の子持ち格子は「幸田格子」と命名された [12]。雑誌『婦人公論』に掲載された全集の広告には「装本・浦野理一」「布地製作浦野繊維工業」の記載があり[13]、「戦後出版界最高の造本」[13]、「その内容に最もふさわしい芸術的造本」[14]と紹介され、「幸田格子」の原寸大の写真も掲載された[14]

1962年、北鎌倉に「浦野染織研究所」を設立した[2]

1963年から90歳で亡くなる1991年まで、雑誌『ミセス』誌上できものページを担当した[12]

1991年に死去[2]。菩提寺は東慶寺[15]

息子の範雄に「国産の繭が作られなくなったら、糸も駄目になるから廃業しなさい」と遺言した[16]

浦野のコレクションや資料は範雄に引き継がれたが[17]、真綿を紡いで作る節のある糸「瓢箪糸」が手に入らなくなったため工房は閉じられた[16][注 1]

膨大な資料は銀座のきもの店「灯屋2」に受け継がれた[17]

2020年には、浦野の裂を継いで新たなきものや帯をつくって展示販売する「継ぎ裂」展が開催された[15][17]

作風

[編集]

浦野は友禅紅型など幅広い作品を手掛けた[18]

紬は長野・下諏訪の染織研究所で、染めは北鎌倉の自宅兼工房に抱えた職人によって制作された[18]

節のある糸で織った「経節紬(たてふしつむぎ)」が浦野の代名詞だった[19]

小津映画や雑誌『ミセス』で浦野の作品が知られるようになると、無地の経節紬に縮緬の友禅を合わせるといった、モダンで新しい組み合わせが人気を博し、コピー商品が出回るほどだった[2]

浦野のきものは「文人好み」と言われ[12]大佛次郎里見弴前田青邨小倉遊亀といった鎌倉文化人やその妻たちに支持された[12]

家族・親族

[編集]
  • 妻 光江( - 1999年1月)[20]
  • 長男 浦野康夫( - 1997年1月1日)写真家[21]
  • 息子 浦野範雄[16]

著作

[編集]
  • 浦野理一『日本のきもの 浦野理一染織抄』(限定版)文化服装学院出版局、1966年。 NCID BN1006057X 
  • 浦野理一 編『名物裂』(限定版)文化服装学院出版局、1969年。 NCID BN13766370 
  • 浦野理一『時代裂縞百撰』(限定版)文化出版局、1971年。 NCID BA39247184 
  • 浦野理一『万華譜 浦野理一染織抄』文化出版局、1971年。 NCID BN07649055 
  • 浦野理一 編『唐桟』(限定1500部)文化出版局、1972年。 NCID BN14264287 
  • 浦野理一染織・解説『唐草』(限定版)文化出版局、1972年。 NCID BN13105903 
  • 浦野理一『日本染織総華 1 友禅』文化出版局、1972年。 NCID BN09109842 
  • 浦野理一『日本染織総華 2 更紗』文化出版局、1972年。 NCID BN09110025 
  • 浦野理一『日本染織総華 3 絣』文化出版局、1973年。 NCID BN09148651 
  • 浦野理一『日本染織総華 4 唐草・印花布』文化出版局、1973年。 NCID BN09148709 
  • 浦野理一『日本染織総華 5 縞・格子』文化出版局、1973年。 NCID BN09148742 
  • 浦野理一『日本染織総華 6 小袖』文化出版局、1974年。 NCID BN09148775 
  • 浦野理一『日本染織総華 7 小紋』文化出版局、1974年。 NCID BN09148822 
  • 浦野理一『日本染織総華 8 金襴・緞子』文化出版局、1974年。 NCID BN09148877 
  • 浦野理一『日本染織総華 9 紅型・藍型』文化出版局、1975年。 NCID BN09148913 
  • 浦野理一『日本染織総華 10 刺繡』文化出版局、1975年。 NCID BN09148968 
  • 浦野理一『黄八丈』文化出版局、1975年。 NCID BA50389069 
  • 浦野理一『染繍小袖』(限定版)文化出版局、1975年。 NCID BN1422174X 
  • 浦野理一『名物裂宝覧』文化出版局、1976年。 NCID BA45334523 
  • 浦野理一『江戸庶民の染織』毎日新聞社、1977年。 NCID BN07287952 
  • 浦野理一『紅毛渡り江戸更紗』文化出版局、1977年。 NCID BN12088740 
  • 浦野理一『現代日本のきもの』文化出版局、1978年。 NCID BN08478526 
  • 浦野理一『千代紙友禅』文化出版局、1979年。 NCID BN14236011 
  • 浦野理一『茶器名物寫集』(限定500部)毎日新聞社、1992年。 NCID BA49841614 

監修

[編集]
  • 文化服装学院出版局 編『ミセス全集 1 きもの通=和服篇』文化服装学院出版局、1968年。 NCID BA44435988 
  • 浦野範雄 編『日本の色と紋様』毎日新聞社、1992年。 NCID BN07701100 
  • 浦野範雄 編『江戸の紋様』毎日新聞社、1992年。 NCID BN0770187X 
  • 浦野範雄 編『解説日本の色』毎日新聞社、1992年。 NCID BN07701847 

関連資料

[編集]
  • 『明治を偲ぶ錦絵展 浦野理一所蔵』野澤屋、1968年。 明治100年野澤屋創業105年記念として1968年5月2日から5月7日まで横浜の野澤屋6階催場で開催された展示の図録
  • 「浦野理一のきもの 四十年の美の系譜」『ミセス』第551号、文化出版局、2001年1月、大宅壮一文庫所蔵:200081583 
  • 『七緒 vol.55』プレジデント社〈プレジデントムック〉、2018年。ISBN 978-4-8334-7731-4 「浦野理一の布物語」

脚注

[編集]

注釈

[編集]
  1. ^ 閉鎖の時期は2012年説[16]と2016年説[17]がある

出典

[編集]
  1. ^ a b c d e f g h 神奈川県、神奈川新聞社 編『文化の星 神奈川文化賞・スポ-ツ賞贈呈10周年記念』神奈川県、1961年、76頁。 NCID BB06358110 
  2. ^ a b c d e f g h 「特集 浦野理一の世界」『美しいキモノ2022年春号』第279号、ハースト婦人画報社、2022年2月19日、102頁。 
  3. ^ “(小津安二郎がいた時代)浦野の着物 ざっくり、でも品良く /首都圏”. 朝日新聞: p. 36. (2014年4月13日) 
  4. ^ 「特集 浦野理一の世界」『美しいキモノ2022年春号』第279号、ハースト婦人画報社、2022年2月19日、100頁。 
  5. ^ a b c d e 知性社 編『湘南の50年 湘南を築きあげた先駆者たち』ばら出版、1977年、86頁。 NCID BA35898373 
  6. ^ a b 知性社 編『湘南の50年 湘南を築きあげた先駆者たち』ばら出版、1977年、85頁。 NCID BA35898373 
  7. ^ 神奈川文化賞歴代受賞者一覧 神奈川文化賞 (第1回から第70回まで)” (PDF). 神奈川県. 2023年4月29日閲覧。
  8. ^ 中野翠『小津ごのみ』筑摩書房〈ちくま文庫〉、2011年、21頁。ISBN 9784480428202 
  9. ^ 中野翠『小津ごのみ』筑摩書房〈ちくま文庫〉、2011年、25頁。ISBN 9784480428202 
  10. ^ 『小津安二郎展 生誕120年 没後60年』県立神奈川近代文学館、2023年4月1日、折り込み資料「小津安二郎監督作品一覧」頁。 
  11. ^ 浦野理一「追想・小津安二郎」『ミセス』第381号、文化出版局、198710、72頁、大宅壮一文庫所蔵:200081424 
  12. ^ a b c d e 中野翠『小津ごのみ』筑摩書房〈ちくま文庫〉、2011年、26頁。ISBN 9784480428202 
  13. ^ a b 「幸田文全集広告ページ」『婦人公論』第43巻第7号、中央公論社、1958年7月、大宅壮一文庫所蔵:200060265 
  14. ^ a b 「幸田文全集広告ページ」『婦人公論』第43巻第8号、中央公論社、1958年8月、大宅壮一文庫所蔵:200060266 
  15. ^ a b 「特集 浦野理一の世界」『美しいキモノ2022年春号』第279号、ハースト婦人画報社、2022年2月19日、106頁。 
  16. ^ a b c d 「特集 浦野理一の世界」『美しいキモノ2022年春号』第279号、ハースト婦人画報社、2022年2月19日、108頁。 
  17. ^ a b c d 伝説のきもの作家、浦野理一の布をリメイクして展示。”. madameFIGAROjapon (2020年11月6日). 2023年4月29日閲覧。
  18. ^ a b 「特集 浦野理一の世界」『美しいキモノ2022年春号』第279号、ハースト婦人画報社、2022年2月19日、101頁。 
  19. ^ 「特集 浦野理一の世界」『美しいキモノ2022年春号』第279号、ハースト婦人画報社、2022年2月19日、103頁。 
  20. ^ 「浦野理一のきもの 四十年の美の系譜」『ミセス』第551号、文化出版局、2001年1月、82頁、大宅壮一文庫所蔵:200081583 
  21. ^ 北鎌倉ワイツギャラリー”. 銀座一丁目新聞 (1999年3月20日). 2023年4月29日閲覧。

外部リンク

[編集]