浦野東洋一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

浦野 東洋一(うらの とよかず、1943年 - )は、日本教育学者帝京大学教育学部教授、東京大学名誉教授[1]。専門分野は、教育行政学、教育法制論[1]、学校経営論[2]

経歴[編集]

長野県上伊那郡箕輪町出身[3]1961年長野県伊那北高等学校1965年東京大学教育学部を卒業し、1970年に東京大学大学院教育学研究科博士課程を単位取得退学して、北海道教育大学の助手となった[2][4]1977年に助教授に昇任した後[4]1981年に東京大学教育学部へ移った[2]2003年に東京大学を退職して帝京大学文学部教授に転じ、東京大学から名誉教授の称を贈られ、また、日本教育行政学会から功労賞を贈られた[2]。帝京大学では教育学部創設に尽力し、同学部長に就任した。2016年3月定年退職。

浦野は、北海道教育大学在籍時から、しばしば教育関係の裁判に、証人として証言したり、意見書を出すなどして関わっていた[4]。また、高知県や長野県の高等学校の三者協議会に注目し、実践書などにまとめている。

近年は、出身地である箕輪町の「ふるさと大使」を務めている[3]

おもな著書[編集]

単著[編集]

  • 学校管理経営論、エイデル研究所、1990年
  • 教育法と教育行政、エイデル研究所、1993年
  • 学校改革と教師、同時代社、1999年
  • 開かれた学校づくり、同時代社、2003年
  • 学校改革に挑む、つなん出版、2006年

浦野は2000年以降、『教育小六法』(学陽書房)の編集の中心となっている[5]

脚注[編集]

  1. ^ a b 浦野 東洋一”. かもがわ出版. 2014年6月8日閲覧。
  2. ^ a b c d 浦野東洋一 教授 うらのとよかず”. 帝京大学. 2014年6月8日閲覧。
  3. ^ a b 箕輪町ふるさと大使の紹介をしています”. 箕輪町. 2014年6月8日閲覧。
  4. ^ a b c 浦野、2003,p.7.
  5. ^ 浦野、2003,p.8.
  • 浦野東洋一「浦野東洋一教授著作目録」、『東京大学大学院教育学研究科教育行政学研究室紀要』第22号、東京大学大学院教育学研究科教育行政学研究室、2003年、 6-15頁、2014年6月8日閲覧。